レシュティ ( Rösti )

  • 人数分:大人数用
  • 材料費:★(簡単・節約)
  • 所要時間:15~30分

20190306_chikabless_rösti007_cut スイスを代表する郷土料理であるレシュティ(Rösti)。茹でたじゃがいもを粗くおろし、表面が黄金色になるまでこんがりと焼いた一品です。肉料理の付け合せとしてよく食卓に登場するほか、レシュティの上に目玉焼きやチーズを乗せた単品料理は、スイスの定番山小屋メニューとして知られています。

 もともとはベルン州(Bern)の農家の定番メニューだったそうですが、今では、それぞれの地域や家庭で様々なアレンジが加えられ、スイス全土で食されています。

 ベーコンやチーズを加えたものや、玉ねぎ入りレシュティなど、作り方や具材は実に多岐にわたります。日本でも再現しやすいスイスの味、ぜひ一度作ってみてください。

材料
じゃがいも(festkochned:固くて煮崩れしないタイプ)  
小さじ3
バター(焼く用) 大さじ3
バター(仕上げ用) 大さじ1

( 作り方手順 )

1. じゃがいもをよく洗って、皮つきのまま竹串がスッと通るまで茹でます。じゃがいもを冷蔵庫で一晩冷やしておきます。
2. スイスでは目の粗いおろし器で細長くすりおろします。おろし器が無ければ、包丁で千切りにします。
3. 塩を加え、軽く混ぜ合わせます。
4. フライパンに焼く用のバターを入れて熱し、じゃがいもを入れ円形に広げます。
5. フライ返しなどで軽く押さえながら、中火で両面をこんがりとした焼き色がつくまで焼きます。
6. 両面焼き色がついたら一旦取り出します。仕上げ用のバターをフライパンに入れ、レシュティを再び戻します。
7. こんがり黄金色に焼き上げて完成です。
スイス産ラクレット約1kg

メディアで話題沸騰のラクレットチーズはこれ!【 本場スイス産 ラクレット (約1.5kg) スイスの山小屋の人気メニュー!レシュティの上にラクレットチーズを乗せても絶品です。
affiliate-rakuten_button
affiliate-amazon_button

お手軽なインスタント版レシュティもあります!【 ロスティ(レシュティ)・スイス版ハッシュドポテト 日本でもテレビで紹介されるなど話題沸騰中!朝食、おつまみ、おやつなど様々なシーンでご活用頂けます。
affiliate-rakuten_buttonaffiliate-amazon_button

 <ポイント>
*お好みでベーコンやチーズ、玉ねぎを入れたり、目玉焼きを乗せたりとアレンジを楽しんでみてください。

 

 


コメントを投稿する