スイス風ポテトサラダ ( Härdöpfelsalat )

  • 人数分:大人数用
  • 材料費:★(簡単・節約)
  • 所要時間:30~60分

6-20170817_Kaori_Haerdapfelsalat8-2_cut スイスの「おふくろの味」と呼んでも過言ではない、スイスを代表する家庭料理、ポテトサラダ(独:Härdöpfelsalat)。スーパーや専門店でも出来合いのものが手軽に購入することができますが、やはり自分で作った方が断然美味しいですね。また、たくさん作って次の日に食べても、味が染みてさらに美味しくいただけます。

 ポテトサラダの作り方はとても簡単、自分で作ってみながら、おばあちゃんやお母さんの味を再現してみたり、自分に合う味を発見してみたりするのも良いですね。

 今の季節、グリルしたお肉の付け合せにもピッタリですので、ぜひお試しになってみてください。

材料
ジャガイモ(サラダ用・男爵) 1袋 (1.5kg)
玉ねぎ 小2つ
キュウリのピクルス 8~10本くらい
<ドレッシング>
オリーブオイル 150ml
ハーブ酢 100ml
マヨネーズ 大さじ1
マスタード 大さじ1
少々
サラダ用乾燥ハーブミックス 小さじ2
チャイブ (独:Schnittlauch/細ねぎ) 1袋 (10g)
サラダドレッシングミックス 2袋

( 作り方手順 )

1. サラダドレッシングを作る。オリーブオイル・酢・マヨネーズ・マスタード・サラダドレッシングミックスをボールに入れて混ぜる。
2. 1にみじん切りにした紫玉ねぎ・チャイブ・小さく切ったキュウリのピクルスを加える。
3. ジャガイモの皮を剝く。(熱いのが大丈夫な人は、皮つきのまま圧力鍋に入れてその後皮を剝いても良い)
4. 圧力鍋に全てのジャガイモを入れて蓋をする。圧が最高になったら、火を弱めて、15~20分くらい。
5. ジャガイモが柔らかくなったら、手早く一口大に切り、2に加える。
6. お肉やソーセージに添えて完成。

 

<ポイント>
※ 今回は紫玉ねぎを使用、薄茶色の果皮をした一般的な玉ねぎでも可。フレッシュなパセリも加えています。お好みでどうぞ。
※ ジャガイモを熱いうちにドレッシングの中に入れて混ぜることで、ジャガイモがドレッシングを吸って味がよくしみます。
※ サラダドレッシングミックスがない場合、塩やハーブソルト、他の乾燥ハーブをお好みで加えると良いでしょう。(ディルなど)
※ 通常のサラダドレッシングよりも酢を多めにした方が美味しくできます。

 


コメントを投稿する