ベアラウフの和風ペスト( Bärlauchpesto nach japanischer Art )

  • 人数分:1~2人用
  • 材料費:★(簡単・節約)
  • 所要時間:15~30分

s-6-1-baerlauch_cut スイス・ヨーロッパの春の風物詩とも言える、ラムソン(英:Ramsons)。スイスドイツ語圏ではベアラウフ(独:Bärlauch)と呼ばれています。

 ニラやタマネギ、ニンニクなどを含むネギ属の植物で、春に白い花を咲かせている姿を森や山などで見かけたり、ニンニクのような香りを嗅いだことがあるかもしれません。

 ベアラウフの食べごろは春の野花が咲き始める頃、その光沢のある緑の葉も生い茂り、花が咲くまで食べることができると言われ、マーケットやスーパーで気軽に買うことができます。

 食べ方は様々、細切りにしたラムソンをサラダに入れたり、ニンニクのような香りや味がするので、ペースト状にして、ニンニクやニラ代わりに使ったり、ドレッシングやパスタソースなどにして頂くこともできる万能食材です。

 今回は「和風味」を足して、パスタのソースやグリルしたお魚・エビ・お肉のソースとしても使える、「ラムソンの和風ペスト(Bärlauchpesto nach  japanischer Art)」をご紹介します。

材料
ラムソン 100g
ごま油 適量
塩又は醤油 適量
粉末出汁 1本

( 作り方手順 )

1. ラムソンは洗って、大き目にざくざくと切る。
2. 小鍋にたっぷり目にごま油を入れて、ラムソンを弱火で炒める。
3. ラムソンがしんなりなってきたら、塩(又は醤油)と粉末出汁を入れ、そのまま弱火で炒める。
4. 水が出てきてラムソンがくたくたになったら、火を止めて、ハンドミキサーでピューレ状にする。
5. 焼いたエビやお肉にラムソンのペーストを添えてお召し上がりください。