焼き菓子マンデルベアリ ( Mandelbärli )

20150519_mandelbaerli_chika_kotoeDone-s

 1864年に創業したスイスの首都ベルン(Bern)の老舗ベーカリーカフェ「ベック・グラッツ・コンフィサー(Beck Glatz Confiseur)」。

 その代表商品でもある焼き菓子のマンデルベアリ(Mandelbärli)は「ベルンのスイーツ大使(Die süssen Botschafter aus Bern)」とも称され、ベルン土産といえば多くの方が思い浮かべる、根強い人気を誇る銘菓です。外はカリッと、中はしっとりとした食感で、口に入れるとアーモンドの香りとバターの豊かな風味が広がります。

 その可愛らしい熊の形の歴史を遡ると、ドイツ・ドレスデン(Dresden)のメッキ加工職人アントン・ライヒェ(Anton Reiche)氏へと辿り着きます。ライヒェ氏は1870年、ドレスデンにメッキ加工工場を設立。そして1914年、熊の形をした金属製のチョコレート型が誕生しました。ライヒェ氏が製造した型は現在、大変希少価値の高いものとなっており、多数の愛好家や収集家にとって魅力的なコレクションとして扱われています。

 そこから75年後の1989年、べック・グラッツ・コンフィサーは創業25周年を迎えました。そこで25周年を記念した特別な新商品を販売したいという想いから、当時の製菓マイスターであったペーター・コルッフェル(Peter Kollöffel)氏が、ライヒェ氏の熊の形をしたチョコレート型にケーキ生地を流し込み、初めてマンデルベアリが作られました。そして発売当初からこの可愛い見た目の美味しい焼き菓子は大ヒットし、今ではベルン州の誰もが知る看板商品となったわけです。

 そこから消費者の嗜好にあわせて様々なフレーバーが誕生すると共に、マンデルベアリの型も改良改善されていきました。

 現在では多くの魅力的なフレーバーを展開し、季節限定を含め全12種類のラインナップがあります。*2018年7月現在、バニラ・チョコレート・アイリッシュクリーム・レモン・カプチーノ・ブルーベリー・ピスタチオ・蜂蜜・ココナッツ・栗・苺とシナモンが販売されています。

 マンデルベアリは本店以外にもベルン駅構内のパン屋や街のデパート、公式オンラインショップでも購入可能です。

 ベルン観光の際には、是非お土産にいかがでしょうか。

*ベック・グラッツ・コンフィサー(Beck Glatz Confiseur)についてはこちらもどうぞ。

<お問い合わせ・購入先>
Berner Mandelbärli AG
Weyermannsstrasse 24, 3000 Bern 5
+41 (0)31 300 41 41
kontakt@mandelbaerli.ch
http://www.mandelbaerli.ch/ (独・仏・英・伊)

** ご紹介した商品の情報は2018年7月時点のものです。


コメントを投稿する