クールの街歩き ( Chur, Graubünden )

20190805_yasuemathis_chur_04_cut グラウビュンデン州の州都クール(Chur, Graubünden)はグレッシャー・エクスプレス(Glacier Express)やベルニナ・エクスプレス(Bernina Express)の発着駅でもあり、観光拠点として有名。せっかくなので中世の雰囲気を満喫できる旧市街地へ足を運んでみましょう。

20190805_yasuemathis_churwalking_01_cut
1.クール駅(Bahnhof Chur)

初代のクール駅は1858年に旧市街とライン川(Rhein)の間に建造されましたが、その後現在の場所である街の中心に移転。2001〜08年に拡張・近代化され、現在の姿となりました。スイス国鉄(SBB)とレーティッシュ鉄道(Rhätische Bahn)は同じ構内にあるので乗り換えが簡単。
レンツァーハイデ(Lenzerheide)・フリムス(Flims)・サヴォニン(Savognin)・ヴィアマーラ峡谷(Viamala-Schlucht)などの保養地や観光地、グラウビュンデン州の地方へのアクセスに便利なポストバスはクール駅前のバス停から利用可能です。駅には毎日営業しているスーパーコープ・プロント(Coop Pronto)や売店キオスク(Kiosk)・パン屋・お土産ショップ・観光案内所など他にも色々なお店が揃っているので、ちょっとした用事や買い物に便利。

20190805_yasuemathis_churwalking_02_cut
2.バーンホフ通り(Bahnhofstrasse)

駅前から旧市街地まで延びるバーンホフ通りは、ショップやレストラン、カフェが集まり、街で最も人通りの多いメインストリートです。また、街中には500軒以上のお店があるので、ショッピングも楽しめます。

20190805_yasuemathis_churwalking_03_cut
3.レーティッシュ鉄道の社屋(Verwaltungsgebäude Rhätische Bahn)

1907年から1910年にサン・モリッツ出身の建築家ニコラス・ハルトマン(Nicolaus Hartmann)氏によって建てられたレーティッシュ鉄道の社屋。お昼時には芝生広場でランチを楽しむ人の姿も。

20190805_yasuemathis_churwalking_04_cut
4.市庁舎(Rathaus)

14世紀後半には市庁舎・病院・商家として使用されていましたが、1464年の大火事で崩壊。その後再建され、1554年までは病院として利用されました。歴史ある建物は現在でも市庁舎として行政事務を行っています。

20190805_yasuemathis_churwalking_05_cut
5.旧市街地への入り口、オーバー門(Obertor)

中世に建てられたとされるオーバー門はマルテーザ塔(Malteserturm)・セーンホーフ塔(Sennhofturm)と共に今なお残る要塞の一部で、旧市街の南西の入り口に建っています。

20190805_yasuemathis_churwalking_06_cut
6.アルカス広場(Arcas)

旧市街一番南側に位置するアルカス広場は、カラフルな家が建ち並ぶ可愛らしい広場です。カフェやレストランがあるので、ゆっくり休憩するのもよいでしょう。4~12月の毎月第1土曜日8〜14時には広場でフリーマーケットが開催され、たくさんの人で賑わいを見せるのだとか。

20190805_yasuemathis_churwalking_07_cut
7.聖マルティン教会(Kirche St. Martin)

8世紀に建設された、尖った鐘楼を持つ聖マルティン教会は、旧市街のマルティン広場(Martinsplatz)に建つプロテスタント教会です。こちらも1464年の大火事で大破しましたが、その後再建されました。1919年にスイス人画家アウグスト・ジャコメッティ(Augusto Giacometti)によって制作された美しいステンドグラスは見どころの一つです。

20190805_yasuemathis_churwalking_08_cut
8.聖マルティン教会の側に建つマルティンの噴水(Martinsbrunnen)

1556年には既にここに建てられていたと言及されるマルティンの噴水。現在のものは1716年に再建されたものだそう。中央には街の旗が描かれた盾を持つトゥールの聖人マルティンが立っており、6角形の水受けには十二星座が浮き彫り装飾で飾られています。

20190805_yasuemathis_churwalking_09_cut
9.レーティッシュ博物館(Rätisches Museum)

1675年に貴族の邸宅として建設されました。その後1872年6月8日にグラウビュンデン州立歴史博物館として開館以来、先史時代から現在にいたるグラウビュンデン州の歴史が学べる博物館として、多くの観光客を迎えています。

20190805_yasuemathis_churwalking_10_cut
10.聖母マリア被昇天大聖堂(Kathedrale St. Mariä Himmelfahrt)

5世紀頃大聖堂の全身の聖堂が建てられたのが聖母マリア被昇天大聖堂のはじまりで、現在のカテドラルは12〜13世紀に建設されました。大聖堂は国の重要文化財にも指定されています。

 旧市街には他にも歴史のある建物が沢山残っています。電車の待ち時間を有効活用し、ぜひ街散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

<現地の観光案内所>
Chur Tourismus
Bahnhofplatz 3, Postfach 115, 7001 Chur
+41 (0)81 252 18 18
info@churtourismus.ch
https://chur.graubuenden.ch (独・英)

<アクセス>
所要時間:チューリッヒ中央駅(Zürich HB)から電車で1時間15分
チューリッヒ中央駅からクール(Chur)方面行きの電車に乗車しクール駅下車


コメントを投稿する