ローザンヌ・フロン地区 ( Lausanne Quartier du Flon, Vaud )

ローザンヌで一番ホットなトレンド発信地
 スイスを代表する文化都市として知られるローザンヌ(Lausanne) は、大聖堂をはじめとする歴史的な建物や中世の面影を残す旧市街の印象が強いですが、前衛芸術やファッションの流行発信地としての側面もあり、その代表的な場所が「フロン地区(Quartier du Flon)」と呼ばれるエリアです。

20190626_megumi_flon_003_cut フロン地区はローザンヌの中心に位置しており、町を流れていた川の名前にちなんで名付けられました。

 長年のあいだ鉄道会社の倉庫街があった場所ですが、1950年初頭にはその役割を終えます。残された建物はアーティストや職人のオフィスやアトリエとなっていたのだそう。それが都市再開発計画に則って2000年頃から、つぎつぎと古い建造物の改装が行われたり新しい建物が建設されたりし、現在のようなビジネスとエンターテイメントが混ざり合ったクリエイティブな姿へと生まれ変わったのです。

新しいショップやレストランが揃う活気あるエリア
 フロン地区の敷地面積は東京ドームよりもやや大きな55,000平方メートルにも及びます。勾配の多いローザンヌで、これほど広い平地は他にありません。

 エリア内はほとんどの場所が歩行者天国になっていて、ところどころに休憩できるベンチなども設置されています。

 特に流行に敏感な若者たちに人気のブランドショップが多数並んでいるほか、カフェやレストラン、映画館やボーリング場などの施設も集まっているので、いつも幅広い年代の人たちで賑わっています。

20190626_megumi_flon_004_cut 未来風の見た目や変わった様式の建物が多いのも特徴。路上にもアーティストの作品が並んでいて、旧市街の荘厳な美しさとはまた違う、若さと活気に溢れた場所です。

 夜になるとディスコクラブやバーがオープンし、昼間とはガラリと変わった雰囲気になります。

20171221_megumi_patinoire_001_cut また、ショッピングエリアの先にある広場(Esplanade du Flon)では、夏の間にはビーチに似せた臨時のカフェバーが、そして冬場には期間限定でスケートリンクが登場し、一年を通して訪れる人たちを楽しませてくれます。

20190626_megumi_flon_005_cut ローザンヌの新しい魅力がいっぱい詰まったフロン地区は、ローザンヌ駅からすぐ近く、急な坂を登ることにはなりますが徒歩でも10分ほどで来ることができ、地下鉄を使えばたった一駅です。ローザンヌ観光の際にはぜひお立ち寄りください。

<お問い合わせ>
Quartier du Flon(Mobimo Management SA)
Rue de Genève 7, 1003 Lausanne
+41(0)21 341 12 12
info@flon.ch
https://flon.ch (仏・独・英)

<現地の観光案内所>
Lausanne Tourisme
+41 (0)21 613 73 73
info@lausanne-tourisme.ch
https://www.lausanne-tourisme.ch (仏・独・英・伊・西)

<アクセス>
ローザンヌ駅(Lausanne)から約5~10分
ローザンヌ駅から地下鉄(m2)に乗り、ローザンヌ-フロン駅(Lausanne-Flon)で下車、すぐ


コメントを投稿する