チューリヒ中央駅のクリスマスマーケット ( Christkindlimarkt, Zürich)

 クリスマス前の4週間はアドベント(Advent)と呼ばれ、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間です。この時期にはスイス各地で、クリスマス・シーズンには欠かせない風物詩であるクリスマスマーケットが開催されます。スイス最大の都市チューリッヒ(Zürich)の駅構内で開催されるクリスマスマーケット(Christkindlimarkt)は、屋内クリスマスマーケットとしてはヨーロッパ最大級。数ある中でもぜひ訪れたい、魅力溢れるクリスマスマーケットです。

25周年を迎えるヨーロッパ最大規模の屋内クリスマスマーケット
 毎日約30万人の利用者が行き交うチューリヒ中央駅で開催されるクリスマスマーケットは、1994年に始まり今年で25回目を迎えました。今でこそ遠くから大勢の来場者が訪れる大規模なクリスマスマーケットとなりましたが、1994年の記念すべき第1回では、屋台数はわずか12軒。そこから年々規模を拡大し、現在では雑貨や食べ物、お土産など約150店舗が駅構内に所狭しと軒を並べるようになりました。

 会場内にはメリーゴーランドも設置されていたり、フェイスペイントやバルーンアートやコンサートなどの子どもも楽しめるプログラムが用意されています。さらに毎日17時から30分毎に行われるライトショーは、より一層マジカルな雰囲気を高めてくれることでしょう。

豪華絢爛!クリスタル煌めくクリスマスツリー
 1998年に初めて登場して以来、チューリヒ中央駅のクリスマスマーケットのハイライトを飾るのは、スワロフスキー(Swarovski)のクリスタルのオーナメント7,000個が飾られた高さ15mのクリスマスツリー。まさに巨大な芸術作品とも言えるクリスタルのツリーから解き放たれる華やな光の輝きは、見るもの全ての心を魅了する美しさです。

 スワロフスキークリスタルのオーナメントに彩られたモミの木は、地元の森の中から選ばれ切り出されたものです。昼間でも圧巻の美しさですが、日が暮れるとより一層輝いて見え、贅沢なクリスマス空間を演出してくれます。

冷えた身体を温めてくれる屋台グルメ
 クリスマスマーケットに欠かせないグリューワインをはじめ、甘い煎りアーモンド(Gebrannte Mandeln)、揚げりんご(Öpfelchüechli)、レープクーヘンにクレープ、ソーセージやチーズなど、やさしい光溢れるマーケットには美味しそうな匂いが漂い、グルメ三昧が約束されています。電車を降りた瞬間から駅構内に充満するクリスマス特有の香りにつられ、クリスマスマーケットへと足を運ぶこと請け合いです。

 会場内のエメンターラー・シュトゥクリ(Emmentaler Stöckli)では、「チーズの王様」とも呼ばれるスイスを代表するエメンタールチーズをはじめ、スイス各地のチーズ、サラミ、ハムなどの加工品等が販売されます。また会場後方には、クリスマスマーケットを一望する高台に設置されたレストランがあり、美しい光景を眺めながらラクレット、チーズフォンデュなどのスイスの郷土料理を堪能できるのもうれしいところ。

 クリスマスシーズンにチューリッヒを訪れたら、是非足を運んでみてください。

<2018年度 開催日時>
11/22〜12/24
日〜水 10:30〜21:00、木〜土 10:30〜22:00
12/24の最終日は16:00に終了

<開催場所>
Hauptbahnhof Zürich , 8001 Zürich
http://www.christkindlimarkt.ch/ (独・英)

<お問い合わせ>
Zurich Tourism Office
Stampfenbachstrasse 52 , 8006 Zürich
+41 (0)44 215 40 00
information@zuerich.com
www.zuerich.com (独)

** 当サイトは情報提供を目的としており、日程の変更および中止などに対し、弊社は一切責任を負いませんので予めご了承願います。


コメントを投稿する