アルト・リギ鉄道 ( Arth-Rigi Bahn, Schwyz )

 リギ山頂(Rigi Kulm)へ登山鉄道で向かうにはフィッツナウ(Vitznau)発とアルト・ゴルダウ(Arth-Goldau)発の2線があり、これにヴェッギス・リギ・ロープウェイ(Weggis-Rigi Bahn)を加えた3路線がリギ鉄道と呼ばれています。

 フィッツナウとリギ・クルムを結ぶヨーロッパ最古の登山鉄道「フィッツナウ・リギ鉄道」が開通してから4年後の1875年に、アルト・ゴルダウとリギ山頂を結ぶ登山鉄道が開通しました。これが現在「アルト・リギ鉄道(Arth-Rigi Bahn)」と呼ばれている青い電車です。

 チューリッヒ中央駅(Zürich HB)から乗り換えせずに37分で出発駅へ行くことができる便利さと、高速道路の出口ゴルダウ(Goldau)からすぐというアクセスの良さで、アルト・ゴルダウ側からリギ山頂に登る方も多くなっているようです。

 公共交通機関利用の場合、始発のアルト・ゴルダウ駅から乗車します。車で行く場合には2駅目のパークプラッツ(Parkplatz A4)から鉄道に乗り換えるのが便利。パークプラッツ駅近くには十分な数の有料駐車場があり、駅窓口で乗車券の購入も可能です。

 始発駅から10分ほどのクレーベル駅(Kräbel)で下車すると、標高1,665メートルのリギ・シャイデック(Rigi Scheidegg)行きロープウェイに乗り換えもできます。

 5駅目のリギ・クレステルリ(Rigi Klösterli)は、1689年に建てられた世界で最も美しい山の礼拝堂のひとつと言われている「雪のマリア巡礼礼拝堂(Wallfahrtskapelle “Maria zum Schnee”)」の最寄駅です。

 7駅目のリギ・シュタッフェル(Rigi Staffel)でフィッツナウから登る赤い電車と合流し、始発駅から45分ほどで山頂駅リギ・クルム(Rigi Kulm)に到着。赤い車両のフィッツナウ・リギ鉄道(Vitznau-Rigi-Bahn)と青い車両のアルト・リギ鉄道が並ぶ様子は常に観光客に人気です。

 リギ山頂からの絶景はもちろんですが、登山列車からの眺めも素晴らしく、眼下にシュヴィーツ州のアルト村(Arth)やツーク湖(Zugersee)、そしてシュヴィーツのシンボル的存在であるミューテン山(Mythen)などが見えます。

 アルト・ゴルダウ側にも登山・トレッキングコースがあるので、途中駅で下車して山頂までハイキングするのもいいでしょう。

 登山駅は8駅中4駅がリクエスト・ストップの駅なので、途中下車する際は注意してください。

 リギ山に行かれる際はアルト・ゴルダウ側の青い登山電車も利用してみてはいかがでしょうか。

<お問い合わせ>
RIGI BAHNEN AG
Station Goldau A4
Chräbelstrasse 12, 6410 Goldau
+41 (0)41 859 08 59
welcome@rigi.ch
https://www.rigi.ch/ (独・英)

<アクセス>
所要時間: チューリッヒ中央駅(Zürich HB)から登山鉄道アルト・ゴルダウ駅(Arth-Goldau RB)まで約40分/ルツェルン(Luzern)から約30分
①チューリッヒ中央駅からルガーノ(Lugano)、またはエルストフェルド(Erstfeld)・ミラノ中央駅(Milano Centrale)方面行きの電車に乗車し、アルト・ゴルダウ下車、登山鉄道駅まで徒歩すぐ。
②ルツェルン駅からルガーノまたはザンクトガレン(St.Gallen)・エルストフェルド(Erstfeld)・ブルンネン(Brunnen)方面行きの電車に乗車し、アルト・ゴルダウ下車、登山鉄道駅まで徒歩すぐ。

** 1992年にフィッツナウ・リギ鉄道とアルト・リギ鉄道の2社が合併して現在のリギ鉄道となりました。
** 靴底のしっかりしたトレッキング・ハイキングブーツをおすすめします。
** ハイキングコースは、初心者から上級者までのコースがあります。どのルートが自分のレベルに合っているかを理解、判断してから、出発前に地図で行動ルートをしっかり把握してからお出かけください。
** ハイキング中に、遭遇する放牧牛や山羊などがいる牧草地の中に入らないようにしましょう。牧場付近にある柵には、弱電流電線が設置されている場合がありますのでご注意ください。


コメントを投稿する