木造橋 ( Holzbrücke Rapperswil-Hurden, St. Gallen)

 チューリッヒ湖(Zürichsee)に架けられたラッパースヴィール・フルデン(Holzbrücke Rapperswil-Hurden)は、ザンクト・ガレン州(St. Gallen)に属する薔薇の街として有名なラッパースヴィル(Rapperswil)と、対岸のシュヴィーツ州のフルデン(Hurden)を結ぶ歩行者専用の木橋橋です。

 もとは1358年に「建設公(der Stifter)」とも呼ばれた14世紀のハプスブルク家当主オーストリア公ルドルフ4世(Rudolf IV.)の治世下に造られ、キリスト教徒の巡礼ルート「聖ヤコブの道(Jakobsweg)」として、ドイツ方面からシュヴィーツ州(Schwyz)のアインジーデルン(Einsiedeln)へ向かう多くの巡礼者が利用していました。

 1878年まで520年ものあいだ使われていた木造橋は、交通量が増大するにつれて新たな橋の設置が必要となり、1878年に石のダム(Seedamm)と共に代わりの道路橋・鉄道橋が建てられることになったのだとか。

 現在の橋は2001年4月6日に再建されたもので、全長841m、幅2.4mと、木造橋としてはスイス最長です。

 現在はラッパースヴィルの見どころの一つで、多くの観光客が訪れています。

 また、チューリッヒ湖や街の高台に建つ古城など美しい眺めを楽しむことができる橋として、地域住民のジョギングやウォーキングなどにも利用されている人気のスポットです。

<参考サイト>
Holzbrücke Rapperswil-Hurden
https://www.zuerich.com/de/besuchen/sehenswuerdigkeiten/bruecke-rapperswil-hurden

<現地の観光案内所>
Tourist Information
Rapperswil Zürichsee Tourismus
Fischmarktplatz 1, 8640 Rapperswil
+41 (0)55 225 77 00
https://www.rapperswil-zuerichsee.ch (独・英)

観光案内所の営業時間:
4〜10月 10:00~18:00
11〜3月 13:00~17:00

<アクセス>
チューリッヒ中央駅(Zürich HB)から、ラッパースヴィル行き(Rapperswil)の電車で約40分、ラッパースヴィル駅下車。
もしくは、チューリッヒ市内から湖遊覧船で約1時間50分。


コメントを投稿する