バーゼルランド火祭り ( Chienbäse 2018, Basel Landschaft )

 毎年バーゼルファスナハト開始前日になると、バーゼルランド準州州都にて「伝統の火祭り(Chienbäse)」が行われます。

初めて開催されたのは1902年と、歴史あるイベント。Bäse(標準独語・Besen、箒の意味)に見せた木の束に火をつけた後、それを抱えて旧市街を練り歩きます。箒の他にも、木の束を積んだ貨車も大きな炎を連れて進みますが、あまり近くで見ていると、火の粉で上着が燃えたり、顔などの肌が熱くなりますので、観賞の際は十分に気を付けてください。

 一番の見どころは旧市街にある門を通るとき。門の天井には木が組まれており、門の入口には上の住人の木でできたバルコニーがあり、それを燃えないようにと消防車と消防隊員が常に水をかけて濡らしておきます。このイベントに用意される消防車の数は20台ほどにもなり、見物客の安全を守ります。

 スイス国鉄、又はバーゼル市内・郊外のトラム・バスなどの公共機関では、こちらのイベントに合わせて特別チケットも販売しています。年に一度の火祭りをぜひ体験してみてください。

<開催場所>
リースタル旧市街(Liestal altstadt)各地。
*ルートはサイトをご覧ください。

<入場料>
無料

<お問い合わせ・主催>
IG Chienbäse Liestal
CH-4410 Liestal
Tel: +41 (0)61 921 58 02
e-mail : info@chienbaese.ch
website: http://chienbaese.ch/chienbaeseumzug/ (独語)

<アクセス>
バーゼル駅(Basel SBB)から電車で約10分、リースタル駅(Liestal)下車、旧市街まで徒歩10分程。

** 当サイトは情報提供を目的としており、日程の変更および中止などに対し、弊社は一切責任を負いませんので予めご了承願います。


コメントを投稿する