レンツブルグの秋散歩 ( Lenzburg, Aargau )

 秋のアクティビティといえば、散歩です。今回は、アールガウ州(Aargau)にあるレンツブルク(Lenzburg)という小さな街にある、小さな森での散歩コースをご紹介します。落ち葉がたくさん落ちていて、秋らしい風景のなかで、新鮮な空気吸って森林浴を楽しんでみてください。

20131011_yasue_Lenzburg_001.jpg 森の入り口
ヒュンフヴァイアー(Fünfweiher)のバス停で下車、長閑な田舎道を歩くこと数分で森の入り口に到着します。
20131011_yasue_Lenzburg_004.jpg ブナの実
少し分かりずらいかもしれませんが、写真の中央にあるのは、ブナの実です。中には種が入っていて、渋みもなく、生のまま食べられます。この種はカロリーが高く、山の動物たちの格好の食料になっています。
20131011_yasue_Lenzburg_005.jpg 秋と言えばキノコ
様々な種類のキノコが生えていました。キノコに詳しくない方でも観察をしながら歩いていくと楽しめるでしょう。
20131011_yasue_Lenzburg_009.jpg ため池(Fünfweiher)
この森にあるため池は、16世紀に灌漑用のため池として建設され、養殖用にも活用されていました。その後は、ため池の水を火災などの災害時の防火用水などに利用していたそうです。1900年頃から5つの池(Fünfweiher)と呼ばれています。
20131011_yasue_Lenzburg_011.jpg 鐘楼(Glockenstuhl)
1635年から1935年までレンツブルクの教会で使用されていた鐘楼です。1935年に6つの鐘楼を新しく建て替えたため、使わなくなった古い鐘楼のひとつがここに置かれました。
20131011_yasue_Lenzburg_014.jpg 展望塔(Esterliturm)
以前はここに木造塔が設置されていたそうです。現在の展望塔は1974年に建設されました。塔の高さは48m。
20131011_yasue_Lenzburg_015.jpg 展望台までの階段
頂上にある展望台までは45m、253段の階段が設けられています。途中には、休憩用の椅子も設置されています。
20131011_yasue_Lenzburg_017.jpg 展望台からの眺め
この日は残念ながら展望台からの眺めは欲はありませんでしたが、天気の良い日には名峰アイガー(標高3975m)、メンヒ(標高4099m)、ユングフラウ(標高4158m)やドイツ南に位置するシュヴァルツヴァルト(Schwarzwald)も見えるそうです。

<お問い合わせ>
Stadt Lenzburg
http://www.lenzburg.ch/ (独)
*森案内パンフレット(Berg-Ebnet)はこちらをどうぞ。

<アクセス>
チューリッヒ中央駅(Zürich HB)からアーラウ(Aarau)方面行き電車で約20分、レンツブルク駅(Lenzburg)下車、バス392番でレンツブルク・フュンフヴァイアー(Lenzburg, Fünfweiher)下車。

** 2018年更新


コメントを投稿する