幻想的な夜のカペル橋 ( Kapellbrücke, Luzern )

 ヨーロッパ最古の木造橋としてルツェルン(Luzern)の一番人気観光スポットかつ、シンボルのようなカぺル橋(Kapellbrücke)。ルツェルンを訪れたことがある方なら誰もが一度は渡ったことがあることでしょう。昼間ももちろん美しいのですが、夜になると雰囲気がガラっと変わります。

 日が沈み、一面漆黒が広がる夜になると、湖畔にライトアップされた橋がぼんやりとまるで浮かんでいるようにも見えるのです。何ともミステリアスで幻想的。橋の周辺の昼間の賑わいは、まるで嘘の様に静寂な空気に包まれます。

 カぺル橋の中は、カペル橋の屋根と梁の間に取り付けられた板絵がずらりと並んでおり、まるで美術館のようです。板絵には、17世紀に描かれたルツェルンの守護聖人の生涯が描かれています。残念ながら1993年の火災で橋の大部分とほとんどの絵画が失われてしまいましたが、翌年に再建され現在に至ります。当時の火災の爪痕を未だに見ることができます。

 カぺル橋の中から見るルツェルンの夜景は、ずっと眺めていたいほどロマンチックです。夜は人通りも少なく、ゆっくり立ち止まって景色を楽しむことができるのも良いでしょう。毎年クリスマスが近づくと、イルミネーションの点灯が11月末より行われていますので、そちらもおすすめです。

<所在地>
カぺル橋
Kapellbrücke
Kapellbrücke, 6002 Luzern

<お問い合わせ>
Luzern Tourismus
6002 Luzern
+41 (0)41 227 17 17
luzern@luzern.com
www.luzern.com (多言語対応)

<アクセス>
ルツェルン駅(Luzern)から徒歩数分、ロイス川(Reuss)沿い。

** 2018年更新


コメントを投稿する