アルプス山系の先史時代杭上住居跡群

palafittes_Information brochure“Prehistoric Pile dwellings around the Alps”

アルプス圏にある6カ国に散在する杭上住居(高床住居)の集落、2011年に世界文化遺産に登録されたこの111か所のうち、56か所がスイスにあります。それ以外の国では、イタリア(19件)、ドイツ(18件)、フランス(11件)、オーストリア(5件)、スロベニア(2件)が登録されています。

この杭上家屋の集落は紀元前5000年から500年にかけてつくられたとされています。川、海、湖などの岸沿いに杭を立てて作られた水上家屋が水底や湖畔、川岸、湿地帯の地中に埋もれており、その数111カ所に及びます。

スイスでは最古といわれるトゥールガウ州(Thurgau)ヒュットヴィレン・ウルシュハウゼン(Hüttwilen-Uerschhausen)にある湖、ヌスバウマー湖(Nussbaumersee)や、アールガウ州(Aargau)のバインヴィル・アム湖(Beinwil am See)が紀元前2000〜1000年と記録されているほか、有史以前のヨーロッパに暮らした農民の日常生活や農業、畜産のやり方や技術革新など、農業の携わる人々の生活を正確に詳しく知る上で大変貴重な遺産がたくさん見つかっています。

このように、有史以前の人々が当時どのような生活をし、どのような仕事をしていたかなど、有史以前の人類の歴史が証明され、またスイス人のルーツも知ることができます。

アルプス山系の先史時代杭上住居跡群サイト
http://www.palafittes.org
Information brochure パンフレット(PDF形式)

<参考サイト>
UNESCO
http://whc.unesco.org/en/list/1179

 


コメントを投稿する