スイスのサルドーナ地殻変動地帯

27655-042_Sardona_Segnes“Swiss Tectonic Arena Sardona”

スイス北西部に位置するグラールス州(Glarus)、ザンクト・ガレン州(St. Gallen)、グラウビュンデン州(Graubünden)の3つの州を328.5k㎡の長さで股がる山岳地帯は、2008年世界遺産に登録されました。この一帯サルドーナ山(Sardona)を中心とした3000mを超える山々が、スルセルヴァ地方(Surselva)、リント谷(Linthtal)、ヴァーレン湖(Walensee)を包み込みます。

この地域で発見された衝上断層は、造山活動の変動や影響を見ることができます。これは、地殻変動の衝突によって、約2億5000万~3億万年前の古い地層が、約3500万~5000万年前の新しい地層の上に押し上げられるという、通常とは逆の断層がみられることで知られており、地球科学の分野では有名で、且つ重要な地形です。この現象は、地殻の構造や変動過程を含むアルプスでの造山運動を明瞭に示すとともに、プレートテクトニクス理論で非常に価値のあると評価されています。

<参考サイト>
UNESCO
http://www.unesco-sardona.ch/Wie-Berge-sich-erheben.das_welterbe.0.html?&L=4

<お問い合わせ>
グラウビュンデン観光サイト
Graubünden Ferien
Alexanderstrasse 24, 7001 Chur
e-mail: contact@graubuenden.ch
website: www.graubuenden.ch


コメントを投稿する