快適な空の旅を楽しむコツ

swissjoho_passengers

 

短時間ならまだしも、日本 – スイス間のような10時間を超える長距離フライトとなると、なかなか時間を持て余したり、体の不調を訴える人も少なくありません。

 

機内での楽しみと言えば、エンターテイメントや機内食ではありますが、一方で、普通席の場合であれば座席間隔が狭い周りの騒音などの影響でゆっくり休めないこともあり、憂鬱と感じる方もいらっしゃると思います。

 

憂鬱になる理由で最も多いのは、渡航先に到着後の「時差ボケ」です。一般的に4~5時間以上の時差がある地域に移動した場合に発生すると言われています。 また、日本からスイスなどのヨーロッパに向かう西回りよりも、アメリカなどに向かう東回りのほうが起きやすいようです

 

「時差ボケ」の根本的な要因は、人間のもつ「体内時計」によるもので、体内時計が狂うことで「時差ボケ」が起きるようです。自分の体内時計を理解して、渡航前の自国での生活リズムを維持したり、機内での食事や睡眠のとりかたなど時差ぼけ対策を行うことで旅先での楽しみ方も変わってきます。

 

ルフトハンザドイツ航空が20~50歳を対象にして行ったアンケート調査『特集:快適な長距離フライトのコツとは?』では、そんなロングフライトを出来るだけ快適に過ごすコツが紹介されています。

 

 


コメントを投稿する