空港内での抜き打ち検査の実施

 9月1日よりスイス-EU二国間協定による新たな政策として、スイス国内の全ての空港では、搭乗者に対する検査が更に強化されます。

Swissinfoによると、この対策は、搭乗者の健康と安全に害を及ぼすとする機内持込禁止の物品の検査のほか、スポットチェック抜き打ち検査が実施さるようです。

  この抜き打ちのチェックは、空港スタッフが搭乗者を搭乗前にランダムに選び、爆発物の残留物を検知装置でチェックする検査です
この検知装置にかかる費用は260万フラン、900人余りのスタッフが方のこの装置の使用法の教育を受けており、スイス国内全ての空港では、EU連盟と共に空港内でのセキュリティのための特別検査を強化しています。


  機内持込禁止の物品の検査にいては、ご利用航空会社に予め確認されることをお勧めします。


コメントを投稿する