快適な睡眠を得るためのベストポジションは?

pillows-820149_1280

起床時スッキリした熟睡感を得られていますか?

今夏はスイスでも異常と言えるほどの猛暑が連日続き、一般的にクーラーのないスイスの家庭においては寝苦しい夜も続きました。

一生のうちの大半を睡眠が占めているといいます。つまり、わたし達にとって、体に負担をかけず、スッキリした熟睡感を得ることは大切なことですね。そのためには、基本的な『寝姿勢』が重要なポイントになります。

では、あなたの寝姿勢は何型ですか?

医学専門家曰く、理想自然な寝姿勢とは、横から見たときにできる『S字型』のようです。

これは人間の体の体重分布=体重のバランスを表しており、お尻の部分が一番重く、次に腹部、頭、足という順番で体重分布で示されています。頭部からお尻の部分までが『S字型』になっているかどうかということになります。

寝る姿勢が悪いために快適な睡眠がとれないのは、元々の基本的な体の姿勢に原因があるとされています。体の姿勢がゆがんでいると、睡眠の質も低下してしまうとのこと。寝ている状態と立った状態と同じ姿勢であることにより、快適な睡眠がえられるということのようです。

自分の体に合ったベッド、敷き布団やマットレスなども大事な要素ですが、まずは、普段の立ち姿勢も見直す必要がありそうですね。


コメントを投稿する