恋人たちの夏が終わるとき

夏、それは恋人たちにとっては最もきらめくシーズン。
しかし、全ての恋人たちがそうとは限りません。

 夏が終わりに近づくにつれ、離婚を専門とする弁護士の出番となるのがその証拠。

 実は夏はある意味まやかしの時。日常から解き放たれ、解放感に満ち溢れたカップルは共にいる時間に幸せを感じるのですが、夏が終わる頃には急に現実に戻り多くの時間を共に過ごしすぎたことにより、相手に嫌気がさし、別れを決断するカップルが多いのです。

この現象は、クリスマス休暇も同様のようです。

 専門家によれば、「一定の距離感によりバランスよく保たれていた関係性が、休暇の間24時間一緒に過ごすことにより平衡がくずれる」と評しています。

 

 


コメントを投稿する