水出し茶用フィルターインボトルHARIO ( Bouteille thé glacé HARIO )

20190828_megumi_treeoftea_001_cutワインボトルみたい! 水出し茶用ガラスボトル
 スイスではハーブティーや紅茶はホットでいただくことが多いですが、水出しアイスティーも人気。スーパーマーケットなどでも茶こし付きのポットやボトルが各種販売されています。

 製品によってはフィルターの目が大きく注ぐ時に茶葉が出てきてしまったり、パーツが多くて洗うのが大変だったりすることも。ですが、冷たい水でゆっくりと抽出されたお茶は、熱いお湯で入れた時よりも苦みや渋みが抑えられ、甘みや旨味はより引き出されると言われています。飲み口がすっきりしているため、夏の暑い日などはよく冷えたアイスティーが冷蔵庫にあると嬉しくなるという方も多いのでは。

20190828_megumi_treeoftea_005_cut 今回ご紹介するのは「マイミューズリー(my muesli)」グループのお茶専門レーベル「ツリー・オブ・ティー(Tree of Tea)」が販売している「ハリオ(HARIO)」というフィルターインボトル(750ml/44.90フラン)で、店舗または公式サイトで購入することができます。ミニサイズのフレーバーティーが3種類付いてくるセット商品もあり、こちらは58.90フランとなっていました。

 ハリオのボトルは、注ぎ口の手前に茶漉しがついているので茶葉を直接ボトルに入れることができます。試しに使ってみたところ、あまりに小さな茶葉のかけらは出てきてしまうことももちろんありますが、ほとんどの茶葉はしっかりキャッチしてくれました。

20190828_megumi_treeoftea_003_cut
洗いやすい耐熱性、実はメイド・イン・ジャパン
 パーツはボトル本体・プラスチック製の茶漉し・シリコン製の蓋とキャップのみ、ととてもシンプルな作り。洗いやすく、使った後の手入れも楽ちんです。耐熱ガラスなので、食洗機にも対応しているのが嬉しい。

 お好みにもよりますが、茶葉と水を入れてからだいたい3~6時間ほど冷蔵庫に入れておくと良いそうです。

 ワインボトルをイメージしたフォルムは、食卓にも自然となじむデザインとなっています。注ぎ口がシリコン製なので、グラスに注ぐ時にうっかり強くぶつけて割ってしまうことがありません。

 見た目も涼やかでとてもおしゃれなこのボトル、実は日本製。老舗の耐熱ガラスメーカーであるHARIO株式会社が製造販売しています(**)。

<購入先>
my muesli(Tree of Tea)
https://www.mymuesli.com (多言語対応*スイス向けサイトは独のみ)

<参考サイト>
HARIO株式会社
https://www.hario.com (日・英・中・韓)

**2019年9月現在、日本での取扱店舗は以下の通り。春夏向けの季節商材のため、今後取扱終了になる可能性もあることもあるそう。

・JR名古屋タカシマヤ
 
・松坂屋名古屋店
 
・名古屋栄三越
 
・LOFT名古屋
 
・妙香園
 

**日本の公式オンラインショッピングサイトでの発売は2019年5月に一旦休止され、そこでの販売再開時期は未定とのこと。

** 購入した商品の価格は2019年8月時点のものです。販売時期や販売店によって異なる価格、または販売終了となっている場合もありますので、予めご了承ください。


コメントを投稿する