イルミネーション点灯スタート!

20181128_shimoda_news_058

 毎年11月下旬に点灯される、チューリッヒ(Zürich)のクリスマス・イルミネーション(=写真)。今年も先週から始まっています。

 このイルミネーションは、ビートルズの楽曲「ルーシー(Lucy)」から名付けられたといわれており、今年で8回目。約20,000個ものLEDライトが、街の中心部を彩ります。

 中央駅(Zürich HB)から湖側のビュルクリ・プラッツ(Bürkliplatz)まで続くバーンホフ・ストラーセ(Bahnhofstrasse)には、青や白の小さいランプが、まるで雨の雫のように垂れ下がり、一歩脇に入ったレーヴェン・ストラーセ(Löwenstrasse)には雪の結晶型のランプが色鮮やかに並ぶなど、様々な表情のイルミネーションが楽しめます。

 今年の点灯日(11月22日)には、該当エリアのトラム運行も、およそ4時間にわたり休止。これまで多くの人々が道路上に飛び出し、写真やビデオを撮るなどして、交通安全上の問題があったことから、チューリッヒ交通局(VBZ)はこのような措置に踏み切ったとか。

 この日はクリスマス・マーケットもオープンし、400に及ぶ商店も夜10時まで延長営業。多くの人々が、一足早いクリスマスの雰囲気とナイト・ショッピングを楽しみました。点灯式の様子は、こちらの動画で見ることができます。

 バーゼル(Basel)でも点灯式と共に同様のイベントが行われ、いよいよスイス各地でクリスマス・シーズンが到来。今週末(12月2日)は第1アドベントにあたり、チューリッヒでは日曜日もショッピングが可能になります(11:00~18:00)。夜は0度近くと冷え込みますので、グリューワインなど温かい飲み物を片手に、街歩きや買い物を楽しんでくださいね。

 


コメントを投稿する