電機スクーターシェアリング始動

mobility-scooter-roller-fahrt-zuerich-zurich

春分の日を過ぎました。まだ朝晩は冷え込むものの、日も長くなり、街には自転車やバイクに乗る人の姿が増えてきたようです。

 そんな中、カーシェアリング大手のモビリティ社(Mobility)が、4月19日からチューリッヒ(Zürich)で電動スクーターの貸し出しを開始すると発表しました。

 ところで、みなさんはカーシェアリングという言葉をご存知でしょうか。以前にもこちらで取り上げましたが、レンタカーとは少し違い、登録した会員にのみ車が貸し出されるもの。発祥の地はスイスというのが通説です。

 一般に短距離、短時間の利用者が多く、欧米の都市部で広く普及しており、日本でも数社が同様のサービスを提供していますので、ご利用になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 さて、モビリティ社の新顔、電動スクーターシェアリング。チューリッヒの市街地を中心に200台配置されるとのこと。専用アプリで最寄り地点にある利用可能なスクーターを予約、このアプリ又は会員カードでロック解除することでサービス開始です。

 ヘルメットはMとLの二つが荷台に常備され、二人乗りも可能。返却は各地にある市指定のバイク専用駐輪場であればどこでもできます。詳しい使い方はモビリティ社のサイトからご確認ください。

 スイスでも大きな都市では駐車場を見つけるのも一苦労の昨今、エコロジー志向も手伝って、人気が出るかもしれませんね。

 本サービスのご利用には運転免許証が必要ですので、ご注意を。 モビリティ社のサービスについては、こちらも合わせてどうぞ。

 


コメントを投稿する