マックのポテトが抜け毛を予防!?

20180209_kayoko_news_605

 抜け毛や薄毛で悩んでいる方は多いと思いますが、スイスのメディアでも取り上げられた驚きの研究が発表されました。

 今月1日、横浜国立大学の福田淳二教授が学術誌「バイオマテリアル(Biomaterials)」に発表した論文によると、マクドナルドのポテトを揚げる時に油の泡立ちを防ぐために使用している「ジメチルポリシロキサン(Polydimethylsiloxan)」という化学物質が脱毛を予防し、発毛を促すことがわかりました。

 同教授のチームはこの「ジメチルポリシロキサン」を利用し髪の毛を作り出す「毛包原基」を大量に作成することに成功し、マウスの皮膚に移植したところ、見事に毛が生えているのを確認したそうです。

 同教授は「このシンプルな方法は安定していて有効である。この技術が毛髪再生医療の改良につながると期待している。」と人間の皮膚への応用も可能であると話しています。

 もちろん、マクドナルドのポテトを食べると発毛が促進されるわけではありませんが、今後の実用化に期待したいですね。


コメントを投稿する