成長エンジンかかるか、時計産業

einstoffen-swiss-made

  スイス時計協会FH(Federation of the Swiss watch industry FH)の発表によると、昨年に記録した2年連続のマイナス成長から脱出し、2017年の上半期は好調な市場もあってか回復傾向にあるようです。

  そこで、スイス時計産業の成長エンジンをかけるために、ザンクトガレン(St. Gallen)の小さな会社がある計画に乗り出しました。

  時計の製造・販売会社、アインシュトッフェン(Einstoffen)がアメリカ発のクリエイター向けクラウドファンディングサイト、キックスターター(kickstarter)を活用して、腕時計の商品化に向けた事業に支援してくれる人や商品を購入してくれる人を募集しています。

  同社の開発力・デザイン力は大変素晴らしく、今年3つの製品が「ドイツ・デザイン賞2018(German Design Awards)」を受賞、スイスの優れたデザイン性と品質で高い評価を得たことでも知られています。

  今回の支援者と購入者募集により、開発中の「automatic」・「Steel and Wood」・「Steel」の3つのテーマに分かれるコレクションを数量限定で年内に出荷できるほか、来年3月からは本格的に生産も開始予定。

  設立者の一人、ラファエル・ビュッサー(Rapfael Büsser)氏は「会社設立当初から作りたかったが、完璧に作り上げるまでに約4年もかかってしまった。フェアーな価格で、自然素材を使ったものを届けたい。」とコレクションの商品化への想いを伝えます。

  ビュッサー氏の言う通り、木やスチールでできた腕時計の外側のケースにシンプルな文字盤、そしてイタリア製の本革ベルトでスタイリッシュなデザイン。価格も女性用で198ユーロ(約26,000円)から、男性用は229ユーロ(約3万円)からと、比較的リーズナブルです。 

 ファンディングゴール25,000フラン(約285万円)に到達することが条件ですが、驚くことにその目標をすでに達成しています。ファンディング募集の締め切りは11月25日まで。

  シンプルで使いやすそうな時計ですね。また、商品に興味がある方、スイスの時計産業を応援したい方、ファンディングに参加してみませんか。

現在、こちらの商品は日本未発売となります。購入に関するご質問は、お問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。

button-click

ファンディングについてはこちらのホームページをご覧下さい。(英) 


コメントを投稿する