家族で楽しめるゴルフ、廃屋で!? 

BernaPark

 新緑が美しく、アウトドアでのスポーツが楽しめる季節になって来ましたが、スイスでは意外なスポーツが流行っています。その名も「アーバンゴルフ (Urban Golf)」。日本では考えられませんが、廃屋や建物の跡地等ゴルフ場以外でゴルフを楽しむスポーツです。

 今月14日、スイスで初めて常設のゴルフ場がベルン (Bern)州ダイスヴィル (Daisswil)にオープンしました。ゴルフ場と言っても段ボール工場の跡地です。取り残された機械や設備等はそのまま、建物の中でコンクリートの上でショットします。狙うのはピンではなく、無造作に置かれた買い物カートや洗濯機です。

 このゴルフ場「ベルナパーク (Bernapark)」のオーナーの一人である、ミッシェル アジュルニ ミュラー (Michèle Ajlouni-Müller)氏は、「アーバンゴルフは子供も大人も誰でもミニゴルフの感覚で参加でき、ドレスコードもなく楽しめ、もちろん、安全性にも十分配慮している」と話しています。

 料金は9ホールで、大人17スイスフラン (約1,900円)、18歳以下は12スイスフラン (約1,400円)、家族4人だと50スイスフラン (約5,700円)です。

 やってはいけない所でゴルフのボールを打つという行為、ちょっとドキドキしながらも意外に楽しめるかも知れませんね。お試しになってみてはいかがですか?

 詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。(独)

 


コメントを投稿する