スイスの幼稚園 〜先生を支える専門家たち〜

swissjoho-education-001-2 スイスの幼稚園には担任の先生の他に、子ども達をサポートする専門家が何人か存在します。では、専門家たちはいつもどのようことをしながら、幼稚園の先生たちを支えているのでしょうか。

 今回はスイスの教育現場から生の声もお届けしたく、北スイスに住むスタッフがシャフハウゼン州(Schaffhausen)の幼稚園の先生に直接お話をうかがいしながら、北スイスの幼稚園での「先生を支える専門家たち」についてご説明いたします。

幼稚園の先生を支える専門家たち

①  成長過程を観察する医療教育学専門員
        Heilpädagogin, Remedial teacher

②  言語の発達状態を見る言語療法士
       Logopädin, Speech-language pathology

③  細かな運動スキルを見る作業療法士
       Ergotherapeutin, Ergotherapy
④  身体の動きを見る精神運動療法士
       Psychomotoriktherapeutin, Psychomotility therapy
           ※独・英語表記

医療教育学士
 医療教育学士(Heilpädagogin)は週に1度、定期的に幼稚園を訪問します。子ども達を小さいグループにまとめ、そして数人ずつ呼び集め、授業の合間に別室で特別な訓練を行います。その内容はハサミを使う作業であったりと、多岐に及びます。ここでは担任の先生1人だけでは対応不可能な、子ども達一人ひとりの細かい成長具合を観察し、訓練することを目的としています。

 そして仮に1人の園児に何か問題があった場合は、定期的に呼び寄せて、毎週別室での個別訓練をします。またクラスに特に該当者が居ない場合は、クラス全体から数人が選出され、別室で医療教育学士と共に訓練をする時間を過ごします。1グループの所要時間は30分。子ども達は遊びを交えながら、楽しい時間を過ごすようです。

その他の専門家
 言語療法士や精神運動療法士、そして作業療法士は、担任の先生からの依頼があった場合のみ、幼稚園を訪問します。この際、該当する子どもの保護者に事前に連絡をして、必ず承諾を得てから訓練が始まります。言語療法士や精神運動療法士への依頼はよくありますが、作業療法士への依頼はとても稀なことのようです。

 運動が苦手な子どもたちは、これら専門家からのアドバイスを受けて、毎週、幼稚園へ登園前に精神運動療法(Pscychomotoriktherapie)を受けることもあります。子供たちが楽しみながら身体を動かすということで、大きな喜びと運動をする楽しみなどを見いだせる、きっかけとなることでしょう。

 

*上記の記載内容は、シャフハウゼン州(Schaffhausen)の一部の幼稚園で行われてるサポート内容です。専門家たちについての詳細は、現在お住まいの州または地域にある幼稚園に直接お問い合わせください。
*現在お住まいの州または地域によって、専門家の進め方や考え方などが其々異なる場合のもあります。あくまでも目安としてご参考までにご活用ください。


コメントを投稿する