文字より伝わる?声のメッセージ

20161014_kayoko_news_260

 みなさんはSNSでよく送るのは省略した言葉ですか?絵文字ですか?スイスの若者の間ではテキストは送らずに声でメッセージを送る人が増えてきていると言います。

 スイスで主流のコミュニケーションアプリ、ワッツアップ (WhatsApp) は、2013年からボイスメッセージ機能が追加されましたが、スイスで頻繁に利用されるようになったのはここ1年くらいの間だとか。

 専門家によると、文字を送るよりも簡単で早く送ることができ、スペルミスや誤解も少なく実用的なのが若者に受け入れられていると分析しています。また声だと臨場感があり、雰囲気や気分まで伝えられると好評です。

 マルチメディア言語学者のカリーナ・フリック (Karina Frick) さんは、テキストを送らないことで文章が正しく書けなくなるといったことを心配することはなく、むしろメッセージを話すことで、学校での発表等に役に立つと話しています。というのも、短いメッセージをいかに魅力的で分かりやすくまとめて話すことは、今の時代のメディア文化に役に立つとポジティブに受け止めています。

いきなり声でメッセージを伝えるのは少し恥ずかしい気がしますが、気持ちはより伝わるかも知れませんね。


コメントを投稿する