日本TVも注目する絶叫マシンとは?

20160922_kayoko_news_244_2

 ヨーロッパでは夏や秋などに移動式遊園地が各地に出没します。ほのぼのとしたものからこれが移動で!?と思ってしまう回転ブランコや大型の観覧車もあります。

 その中でも、チューリッヒ空港があるクローテン(Kloten)市の隣の町、バッサースドルフ (Bassersdorf)  に登場した移動式のジェットコースターは、世界一小さくてちょっと変わっていると、最近話題になっています。

 このジェットコースターは、高さ約4mのところから落下して、一回転宙返りもできるのです。もともとは、今年の2月、この地域で開催されたカーニバル(Fasnachts komitee Bassersdorf)に使うためにと、ミカエルさん(Michael Schädler)とその仲間たちと作ったジェットコースターと言いますが、地元だけでなく多くの人の興味を引き、ドイツや日本のテレビ局からも撮影のオファーがあったそうです。

 オファーがあった日本のテレビ番組は、日本テレビの毎週日曜日に放送されているバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」で、放送日時や内容は公表していませんが、ロケは9月に行われると発表されています。どんな放送になるのか楽しみですね。

 カーニバル開催中に登場したジェットコースターの様子は、ユーチューブで公開されていますので、興味のある方はこちら

 ジェットコースター制作中の様子が見れる動画( スイスドイツ語)はこちらをご覧ください。

 

 


コメントを投稿する