爽やかな甘み!リンゴジュースの直売

20160928_kumiko_news_18

    今年も実りの秋がやってきました。毎年この時期、チューリヒ市9区 (Stadt Zürich, Kreis 9) のアルビスリーデン (Albisrieden) 地区にある郷土博物館 (Ortsmuseum Albisrieden) で搾りたてのジュースが販売されます。今年は10月8日(13:30 – 17:00) と9日(11:00 – 17:00) の2日間です。

   博物館に保存されている年代物の搾り機でリンゴを絞り、低温殺菌せずにその場で販売となります。持ち帰り用にペットボトルに詰めてもらうこともできます。ただし熱処理されていませんので、どんどん発酵するため、持ち帰る場合は一週間以内に飲み切れる量をお勧めします。発酵の具合により、変わっていく味を楽しめるのも、このリンゴジュースならではの特徴です。

   持ち帰りした場合は、くれぐれもボトルのキャップを強く締めないようにご注意ください(発酵しているために蓋を開けた時に勢いよく吹き出し、リンゴジュースのシャワーを浴びることになるかもしれません!)。また、ジュース販売の日、雨が降らなければ博物館前の広場で愛好会によるスイスのフォークダンスも行われ、お時間があればダンス鑑賞もよいでしょう。小さな博物館ですが、昔の生活の様子などが分かるように展示されいますので、こちらも合わせてご覧になることをお薦めします。

    スーパーでは買えないリンゴジュースですので、機会があれば是非一度試してみてはいかがでしょうか。

リンゴジュース直売についてはこちら

アルビスリーデン 郷土博物館
Ortsmuseum Albisrieden
Triemlistrasse 2, 8047 Zürich
http://www.ortsmuseum-albisrieden.ch/index.html

 


コメントを投稿する