そこが知りたい!習い事とその費用

piano-78492_1280

 子を持つ親は本人の希望により又は親の意思のもとに習い事をさせるケースが多々ありますが、それは日本だけでなくスイスでも同じです。子供の望むままに習い事をさせてあげたいと思うものの、習い事の種類によっては財布を圧迫することにもなりかねません。スイスの経済紙Handelszeitungによると、おもに人気のある習い事とそれぞれの費用は次のようになります。

1.私立学校 〈 1か月あたりの費用 ※以下省略:1600スイスフラン (約16 万6000円) 〉
日本でも私立学校により費用は様々ですが、スイスでも同様でさらに高額になる学校もあります。

2.補修授業 〈 320スイスフラン (約3万3000円) 〉
授業で理解しきれない分野に対する補習授業で、学校以外で習う場合です。個人的に補習授業を開催している教室の場合は、大手校よりも費用は抑えられる傾向にあります。

3.ピアノ演奏 〈 240スイスフラン (約2万5000円) 〉
定期的にピアノ教室に通う場合、費用は更にかかります。

4.テニス教室 〈 180スイスフラン (約1万9000円) 〉
冬の場合、屋内練習場を借りる必要があるなどのため夏場より費用は高額になります。

5.バレエ教室 〈 85スイスフラン (約9000円) 〉
子供たちの初めての習い事になる場合が多いですが、費用は教室により様々です。

6.楽器の演奏 〈 50スイスフラン (約5200円) 〉
楽器を月単位で借りることが可能。ピアノを一台借りる場合、ひと月に約30~50スイスフランかかります。

 

 時として子供の可能性を見出す場合もある習い事。お財布事情と子供の希望、うまく一致すれば良いですが、一致しない場合、頭が痛くなるのはどこの国の親も同じですね。


コメントを投稿する