是非、訪れたい!スイスの世界遺産

city-436302_1920

先月17日にル・コルビュジェの建築作品が世界遺産に登録されました。日本では上野の国立西洋美術館が登録されたことで日本でも大いに話題になりましたね。

 スイスでは現在、文化遺産および自然遺産から併せて12カ所が登録されています。

1. ザンクト・ガレン修道院 (英:Abbez of St Gall)
ここの付属図書館は世界最大級の中世図書館としても知られ、今でも蔵書を読むことができます。

2. ミュスタイアの聖ヨハネ・ベネディクト会修道院 (Benedictine Convent of St John at Müstair)
改修工事の際に、壁画の下からさらに古い壁画が見つかっています。

3. ベルン旧市街 (Old City of Berne)
中世の町並みを残し、中心部にはゴシック様式の大聖堂があります。

4.ベリンツォーナ 3つの城と城壁 (Three Castles, Defensive Wall and Ramparts of the Market-town of Bellinzone)
ティチーノ州の州都であるベリンツォーナ。かつて城と街を囲むように伸びる城壁が築かれました

5. サン・ジョルジオ山 (Monte San Giorgio)
ここで三畳紀(約2.45~2.3億年前)の海洋生物の化石が発見されました。

6. ラヴォー地区のブドウ畑 (Lavaux, Vineyard Terraces)
スイスワインの産地として知られるこの地域、レマン湖と湖沿いに広がるブドウ畑の素敵な景観を眺めることができます。

7. スイスアルプス ユングフラウ-アレッチ (Swiss Alps Jungfrau-Aletsch)
アルプス最大の表が地域であり、高山植物や野生動物を見ることができます。

8. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観 (Rhaetian Railway in the Albula / Bernina Landscapes)
山岳鉄道であり、大自然にまるで溶け込むように築かれた鉄道と景観であり、高架橋が印象的です。

9. スイス・テクトニックアリーナ・サルドーナ (Swiss Tectonic Arena Sardona)
この地帯では、プレートテクトニス理論を説明する資料となる断層が見られます。

10. ラ・ショ-・ド・フォンとル・ロックル、時計産業都市計画 (La Chaux-de-Fonds / Le Locle, Watchmaking Town Planning)
ジュラ山脈の麓に位置するこの街では、時計製造が盛んにおこなわれてきました。19世紀の大火後、計画的に町並みが再建されました。

11. アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群 (Prehistoric Pile dwellings around the Alps)
湖畔や川沿いに住居を作り人々が暮らしていたことを伝える遺跡群が見つかっています。

12. ル・コルビュジェの建築作品 (The Architectural Work of Le Corbusier)
フランス、スイス、日本、ベルギー、ドイツ、アルゼンチン、インドの7か国にある17の建築作品が世界遺産に登録されました。スイスからは、レマン湖畔の小さな家が対象となっています。

 


コメントを投稿する