「ロカボ」のススメ 

20160309_kayoko_news_105

みなさんは毎日砂糖をどのくらい摂取していますか?

 世界保健機関 (WHO) では1日の摂取カロリーの5%未満に抑えるべきだと推奨しています。5%未満とは、約25g (ティースプーン6杯) になります。

 砂糖は様々な食品にも多く使われ、パンやドレッシング等自分が意識していない食べ物から摂取していることもあります。スイス人は1日に約128gの砂糖を摂取していると言います。一方日本人は、農林水産省によると1日約50gでいずれもWHOの推奨量よりもオーバーしています。

  こうした世界的な傾向に合わせ、スイスヴォー州 (Vaud) ヴヴェイ (Vevey) に本社を置く世界最大の食品・飲料会社のネスレ (Nestlé) は、商品の糖分、塩分、脂肪分を減らす取り組みをさらに進めていると発表しました。糖分については大幅に減らす技術をすでに開発し、2018年には従来よりも50%~60%糖分の少ないチョコレートを発売する計画です。人工甘味料は使用しないと述べていますが、詳しい内容については企業秘密だそうです。

 日本では、完全に砂糖や炭水化物を抜くのではない、ゆるやかな糖質制限「ロカボ (Locabo)」が人気を集めています。「ロカボ」とは、低炭水化物 (low carbohydrate) の造語で、コンビニでも「ロカボ」商品が数多く売られ、気軽に健康的な食生活へシフトできる環境が整って来ています。

 糖尿病や肥満の原因となる糖質、この機会に毎日の摂取量少し見直して見てはいかがですか?

 


コメントを投稿する