オフィス賃貸料はおいくらに?

skyscrapers-164592_1280

 企業にとって重要なことはいろいろありますが、経費削減はそのうちの一つではないでしょうか?経費と一口に言っても、人件費、広告費、事務費、賃貸料など色々とありますね。企業によっては、賃貸料が高いからと言って安易に郊外に事務所を移せないような場合もあると思います。

 スイスの経済紙Bilanzが、国内のオフィス賃貸料が高い地域の平均賃貸料を紹介しています。

 最もオフィス賃貸料が高い都市はジュネーブ (Geneve) で、1平方メートル (約0.3坪) 当たりの年間の賃貸料は、平均して約444スイスフラン (約50,531円)。

 次に国内でオフィス賃貸料が高い都市はチューリッヒ (Zurich) で、1平方メートル当たりの年間の賃貸料は約307スイスフラン (約34,940円)。市内においても賃貸料は様々で、比較的安い地域もあるようです。

 ローザンヌ (Lausanne) は、1平方メートル当たりの年間の賃貸料は約269スイスフラン (約30,615円)。ローザンヌ大学より北側の地域は、比較的賃貸料が安く、また公共交通機関の開発が計画されているそうです。

 バーゼル (Basel) は、1平方メートル当たりの年間の賃貸料は約222スイスフラン (約25,266円) と他の都市部に比べると安く、将来もおそらく変動しないと考えられています。

 最もオフィス賃貸料がお得なのはベルン (Bern) で、1平方メートル当たりの年間の賃貸料は約221スイスフラン (約25,152円)。

 立地条件だけでなく、賃貸料も考慮し最適な場所にオフィスを見つけたいものですね。


コメントを投稿する