増え続けるスイスへの移民

different-nationalities-1124478_1280

 スイス連邦統計局 (BFS) によると2014年末時点、スイスには約823万人が居住しています。そのうち約24%、つまり4人に1人が外国人になり、前年と比べて同国に定住する外国人は約3%増加しています。

 2014年には約19万人がスイスへ移住しています。移住した人達のうち約68%がヨーロッパ地域出身、次いでスイス人が14%、アジア・オセアニア地域出身が9.3%と続きます。ヨーロッパ地域出身者の国籍を見ると、ドイツ人が約13%、イタリア人が約10%、ポルトガル人が約8%、フランス人が7.8%となっています。

 またスイス国籍を取得した外国人は2014年は約3万3千人であり、そのうち50%以上がEU加盟国の国籍保持者です。また約42%が30歳以下でスイス国籍を取得しています。

 移民流入数は経済や政策によって左右されますし、またスイスの今後の政策にも影響を及ぼすため、多くの人が関心を持つ話題の一つです。


コメントを投稿する