スイスの「あきまへん」

ff70c6af8cc356496221cf87f2a240c5_m

 京都では増え続ける外国人観光客に対してトラブルを解消するため、日本のマナーを紹介するリーフレット「京都のあきまへん」(AKIMAHEN of Kyoto) を作りお店や観光案内所で配布しています。リーフレットには京都らしいやってはいけない事、例えば、無理やり舞妓さんの写真を撮らない、帽子やサングラスをして参拝しない、チップを渡すかわりに「おーきに」と言う等わかりやすく図で説明しています。

 ドイツのケルン (Koeln) では昨年の大みそかに集団性暴行事件が起こり、逮捕者の中に難民申請者がいたと言うショッキングな出来事がありましたが、チューリッヒ (Zuerich) でも大みそかに同様の事件が起こっていました。

 スイスでは、来月には一大イベントでもあるカーニバルがあり、多くの人が街へ繰り出しお祭りを楽しみます。ルツェルン (Luzern) では、大みそかのような事件を起こさないように事前に難民申請者の宿泊施設にスイスでの基本的なルールを説明したリーフレットを配布することにしました。

 このリーフレットは、オーストリアで配られた物を参考に作成され、家族や子供への暴力の禁止等、絵を使って詳しく解説しています。オーストリア版には女性に対する性的侵害については記載されていませんが、ルツェルン版では追加する予定です。

 ルツェルンだけでなくその他の州もリーフレットに興味を示しているそうです。


コメントを投稿する