ブルカの公共の場所での着用禁止へ

afghanistan-60641_1280

 スイスのティチーノ州(Ticino)では、イスラム教徒の女性が同教徒の衣装を公共で着用することを禁止する法律が州議会で可決されました。禁止されるのは、主に顔を覆うニカブ(Niqab)と全身を覆うブルカ(Burka)で、違反すると日本円で約12,000円~120万円の罰金が科せられるとのことです。いつから実施されるかは、まだ決まっていません。
 
 観光客に対しても同様に適用されるようですが、同州では年間約4万人の中東からの観光客がいるため、空港などでブルカ禁止の情報をしっかり伝えて行きたいとしています。
 
 スポーツ観戦やデモンストレーションなどで全身を覆う服装やヘルメットはすでに禁止されています。
 
 ブルカの着用禁止は、2011年フランスで採用されましたが、その後スイスでも国民投票が行われる等、国民の注目を集めてきました。今後は、他の州でも実施される動きもありそうです。

 

 


コメントを投稿する