雨の降らない日々〜水不足の問題〜

drought-218901

 スイスではこの時期にはめずらしく暖かく快適な気候が続きました。今年の夏からずっと乾燥した状態が続いていて、多くの地域で水不足が深刻な問題になっています。11月に入って初めての雨が13日の金曜日に各地で降りましたが、降水量は少なく、水不足の解消には至っていません。

 スイス農業組合 (SBV) のハンス・ルスリ氏 (Hans Ruessli) は、すでに種まきが終了している小麦のような穀物は、冬に入る前に乾燥のために枯れてしまう恐れがあると危惧しています。自身の水源を持っているいくつかの農家では、水を引いて利用していますが、すでにその水源が干上がっている所もあるといいます。

 家畜に利用する水は、法律で飲料水に匹敵する品質のものではならないと定められているので、小川の水を安易には利用できず、コンテナで水を購入している農家もいて予定外の出費に悩まされています。

 天気予報によると、来週にはまとまった雨が降り、ようやく冬らしい寒気がやって来るそうです。


コメントを投稿する