ライスミルク ( Lait de riz / Reismilch )

20190326_megumi_ricemilk_002_cut お米といえば日本人にとっては欠かせない食品ですが、スイスをはじめヨーロッパの国々ではお米や玄米を原料に作られた「ライスミルク(Lait de riz/Reismilch)」も人気。

 ライスミルクは牛乳や豆乳に続く第3のミルクとして注目されていて、牛乳やグルテンなどにアレルギーを持つ人や、ベジタリアン、ヴィーガンの人たちを中心に好まれているようです。動物性ミルクと違ってラクトース(乳糖)やコレステロールが含まれていないため、牛乳を飲むとお腹を壊してしまう乳糖不耐症の方でも飲むことができます。

 市販されているライスミルクは加糖して甘く加工されたものや、アーモンド味・チョコレート味などのフレーバーが付いたものもありますが、無調整のものでも十分甘みは感じられます。甘酒に似た優しい甘さで、後味爽やかなスッキリとした飲み口。

 牛乳に比べるとカルシウムやタンパク質の含有量は少なめなので、市販品にはカルシウムを付加されたものも多く見られます。健康食品で有名なブランド「アルナチュラ(Alnatura)」の「Reisdrink Calcium/Boisson au riz Calcium」は、1リットルパックがスーパーのミグロ(Migros)にて2.20フランでした。

 ライスミルク自体の基本的な材料はお米と水だけなので、ご家庭でもフードプロセッサーなどを使って簡単に作ることができます。米粉を使ったり、炊いたご飯の残りを使って作るのも良いようです。家庭で作ったものはお米の粒が沈殿しやすいので、よくかき混ぜながら飲んでください。

 一味違ったお米の食べ方を、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

<購入先>
Supermarché Migros – Morges
Rue de la gare 19, 1110 Morges
+41 (0) 58 573 57 00
https://www.migros.ch (仏・独・伊)

** 購入した商品の価格は2019年3月時点のものです。販売時期や販売店によって異なる価格、または販売終了となっている場合もありますので、予めご了承ください。


コメントを投稿する