ミカム ( MiCAMU )

20190116_megumi_micamu_001_cut レトロなイラストが可愛らしい「ミカム(MiCAMU)」は、スイスで昔から愛されているキャラメル菓子。おばあちゃんの家でもらった、お小遣いで買った、などスイスの人にとっては子ども時代を思い出させる懐かしさが詰まっているようです。

 「ミカム」のキャラメル(Caramels Mous)は、イギリスやアメリカなどで食べられている「ファッジ(Fudge)」というお菓子に近く、日本のキャラメルに比べると粘り気がほとんどありません。始めは飴のように固いのですが、口の中に入れているとだんだん柔らかくなり、ほろほろと崩れていくような質感。濃厚なミルク味でかなり甘いのですが、食べ始めるとついつい次に手が伸びてしまうような、素朴ながらクセになる美味しさがあります。

 大手スーパーチェーンのミグログループ(Migros)が販売していて、「キャラメル(Caramels à la crème mous)」(2.90フラン)のほかに、そのままの味で飴タイプになった「キャンディ(Bonbons à la crème durs)」(2.55フラン)もあります。

 ちょっと口寂しいときやお茶のお供にはもちろん、いかにもスイスらしいパッケージは日本へのおみやげにもおすすめです。

<購入先>
Supermarché Migros – Morges
Rue de la gare 19, 1110 Morges
+41 (0) 58 573 57 00
https://www.migros.ch (仏・独・伊)

** ご紹介した商品の価格は2018年12月時点のものです。販売時期や販売店舗によって異なる価格・内容・パッケージになる場合や取扱い終了となる場合もあります。


コメントを投稿する