牛肉のウイスキークリームソース ( Geschnetzeltes an Whiskeyrahmsauce )

  • 人数分:家族用
  • 材料費:★(簡単・節約)
  • 所要時間:30~60分

20190827_chikabless_Geschnetzeltes-an-Whiskeyrahmsauce008_cut ゲシュネッツェルテス(Geschnetzeltes)というと、チューリッヒ州(Zürich)の郷土料理「仔牛のクリーム煮 (Züricher Geschnetzeltes)」を指すことが多いですが、スイスの各家庭や地域によって使用する食材や調理方法が異なり、そのバリエーションは実に豊富です。

 今回ご紹介するのは、ウイスキーを使った香り高くコクのあるクリームソースに牛肉ときのこを煮込んだ一品。付け合わせには、濃厚なソースと相性抜群のフィットチーネやタリアテッレなど幅広のパスタがおすすめです。見た目も華やかで、おもてなしにもピッタリ。ぜひ、お試しください。

材料
牛肉の薄切り/一口サイズに小さくカットしたもの 250g
☆コンスターチ 小さじ2
☆醤油 小さじ1
マッシュルーム 150g
玉ねぎ 小1個
ニンニク 1片
乾燥ローズマリー 小さじ1
ケチャップ 大さじ1
醤油 大さじ2
パプリカパウダー 小さじ1
150ml
ブラーテンソース(Bratensauce) 大さじ2 *デミグラスソースで代用可
生クリーム 200ml
ウィスキー 大さじ2
バター 大さじ2
塩胡椒 適量

( 作り方手順 )

1. 下味付け
牛肉を☆の材料(コーンスターチと醤油)をまぶししっかりと揉み込ませておく。
※下味付けをしておくことで、しっかり味が染み込み、とても柔らかな仕上がりになります。
2. 玉ねぎとニンニクをみじん切りにし、マッシュルームを薄くスライスしておく。
3. フライパンにバター大さじ1を熱し、1の牛肉を表面の色が変わるまで炒め、取り出しておく。同じフライパンにバターを熱して玉ねぎとニンニクを炒め、蓋をして蒸し焼きにする。玉ねぎがしんなりとしたら、マッシュルームを加える。
4. ローズマリー、パプリカパウダーを入れ、もう一度蓋をして材料が柔らかくなるまで蒸し焼きにする。
5. ケチャップ、醤油、水を加え、約半量になるまで煮こんだら、ブラーテンソースを加えよく混ぜ合わせる。
6. 生クリームとウイスキーを加え、塩胡椒で調味する。沸騰する直前で火力を弱め、弱火〜中火でとろみがつくまでじっくりと煮こむ。
7. 十分とろみがついたら牛肉を戻して、ソースとしっかり絡める。
8. すぐにお皿に盛り付けて完成。

【日本でも手に入る材料の紹介】
今回のレシピに必要な材料は、楽天市場やアマゾンなどのショッピングサイトで簡単に入手できます。

甘唐辛子パプリカパウダー】
鮮やかな赤みのパプリカパウダーは、仕上げに使えば彩り華やかに。さらに煮込み料理などに加えると、コクがでて風味が豊かになり、常備しておくと便利な一本!
affiliate-rakuten_button affiliate-amazon_button

簡単で便利!粉末タイプのデミグラスソース】
スイスの食卓に欠かせない人気食品メーカー、クノール社(Knorr)の粉末タイプのデミグラスソース!今回のお料理にも、ハンバーグやビーフシチュー、オムライスなども最適です
affiliate-rakuten_button affiliate-amazon_button

スイスでも大人気なジャパンウィスキー】
今や世界を魅了するジャパニーズウイスキー。特に「山崎」は、スイスでも大人気!気品ある香りが今回ご紹介した料理にもぴったりです!
affiliate-rakuten_button affiliate-amazon_button

<ポイント>
生クリームを入れた後は、沸騰させないで弱火〜中火でコトコト煮込んでください。沸騰させてしまうとクリームが分離したり、風味が悪くなる原因になります。

 


コメントを投稿する