ルツェルナー・クーゲリ・パシュテーテ ( Luzerner Chügelipastete )

  • 人数分:家族用
  • 材料費:★★(経済的)
  • 所要時間:1時間以上

アイキャッチ画像20190822_chikabless_Luzerner-Chügelipastete_cut スイスの人気観光地であるルツェルンは、自然と都市が見事に融合した美しい街。そんなルツェルンの名物料理といえば、「ルツェルナー・クーゲリ・パシュテーテ(Luzerner Chugeli Pastete)」です。

 サクサクのパイケースのなかには、濃厚なクリームソースに絡めた仔牛肉やマッシュルーム、小さなソーセージボール(ブレッドクーゲル, Brätkügel)がぎっしり詰まっていて、格別に美味しい一品です。

 ルツェルナー・クーゲリ・パシュテーテの歴史は18世紀にまで遡り、今なおルツェルンの人々に親しまれています。スイスの古都ルツェルンの伝統の味を、ぜひお試しください。

材料
パシュテーテ用パイ
市販の専用パイケース (Blätterteigpastetli)
6個
ブレッドクーゲル
150〜200g
☆ オリーブオイル 大さじ1
☆ ニンニク 1片
マッシュルーム 150g
玉ねぎ 1個
チャイブ 10本
白ワイン 100ml
生クリーム 400ml
パプリカパウダー 4つまみ
カレー粉 2つまみ
塩胡椒 適量

( 作り方手順 )

1. ブレッドクーゲル
*仔牛肉や鶏胸肉を代用とする場合、前日に☆の材料(オリーブオイルと潰したニンニク)でマリネしてください。
2. 玉ねぎとチャイブを粗みじん切りにし、マッシュルームを食べやすい大きさにカットする。
3. パイケースを作る。※日本で手に入らない場合は、市販のパイシートでパイケースをつくっておきましょう。
4. 油を熱したフライパンで、玉ねぎとマッシュルームを中火でしんなりするまで炒める。塩胡椒、パプリカパウダー、カレー粉で味付けする。
5. 白ワインを加え一度沸かし、アルコールを飛ばしたら、生クリームとブレッドクーゲルを加える。弱火〜中火でとろみがつくまで煮詰む。
6. 最後にチャイブを入れて完成。※もし味見をして物足りなければ、塩胡椒などを少しずつ足して味を整えてください。
7. 焼き上がったパイにクリーム煮を詰めて、熱々のうちにサーブしましょう。

【日本でも手に入る材料の紹介】
今回のレシピに必要な材料は、楽天市場やアマゾンなどのショッピングサイトで簡単に入手できます。

風味豊かでサクサク!冷凍パイシート】
良質なフレッシュバターをふんだんに使った風味の良い冷凍パイシートです。料理にもお菓子づくりにも大活躍してくれるので、冷凍庫に常備しておくと重宝します。
affiliate-rakuten_button affiliate-amazon_button

甘唐辛子パプリカパウダー】
鮮やかな赤みのパプリカパウダーは、仕上げに使えば彩り華やかに。さらに煮込み料理などに加えると、コクがでて風味が豊かになり、常備しておくと便利な一本!
affiliate-rakuten_button affiliate-amazon_button

<ポイント>

  • 仔牛肉も日本では手に入りにくいので、牛肉や鶏肉で代用も可能。
  • スイスのスーパーなどでは、クーゲリ・パシュテーテ専用のパイケース(Blätterteigpastetli)が販売されています。そのまま使うことができるので、ささっと作りたい時にはこちらが便利です。

 


コメントを投稿する