鶏胸肉のクリーム煮 ( Poulet Geschnetzeltes nach Zürcher Art )

  • 人数分:大人数用
  • 材料費:★(簡単・節約)
  • 所要時間:1時間以上

20180408_chikabless_-Poulet-Geschnetzeltes_008_cut 「鶏胸肉のクリーム煮(Zürcher Geschnetzeltes)」は、肉と玉ねぎ、マッシュルームを炒めてクリームでじっくりと煮たチューリッヒ州(Zürich)の郷土料理です。

 付け合わせには同じくスイスの郷土料理であるじゃがいものガレット、レシュティ(Rösti)を添えるのが定番。さらに、まろやかでクリーミーなソースと絡めて食べるととても美味しくいただけます。

 オリジナルは仔牛肉を使用しますが、今回は日本でも手に入りやすく、鶏胸肉を使ったレシピです。

 低脂肪・低カロリー・高たんぱくの3拍子が揃った鶏胸肉ですが、加熱するとパサパサしがち。そんな鶏胸肉を驚くほどに柔らかく仕上げる一手間もレシピに加えてご紹介していますので、ぜひ一度チューリッヒの家庭の味を味わってみてください。

材料
鶏胸肉 350g
小さめの玉ねぎ 1個
マッシュルーム 200g
バター 大さじ1
白ワイン 100ml
レモン汁 小さじ1
生クリーム(Vollrahm) 200ml
ブイヨン(牛/野菜) 100ml
コーンスターチ 大さじ1
塩コショウ 適量
パセリ お好みで適量
鶏肉の下処理
コンスターチ 小さじ2
醤油 小1

( 作り方手順 )

1. 鶏胸肉をそぎ切りにし、下処理用のコーンスターチと醤油をまぶししっかりと揉み込んでおく。こうすることで淡白な鶏胸肉に下味が付き、とても柔らかな仕上がりに。
2. 玉ねぎをみじん切りにし、マッシュルームを薄くスライスしレモン汁をまぶしておく。
3. フライパンにバターを熱し、1の鶏胸肉を表面の色が変わるまで炒め、取り出しておく。後で再びクリームソースで煮るので、この時点で中まで完全に火が通っていなくてもOK。
4. 再びフライパンにバターを少々(分量外)熱して玉ねぎを炒め、フライパンの蓋をして蒸し焼きにする。玉ねぎがしんなりとしたら、マッシュルームを加え、蓋をして材料が柔らかくなるまでさらに蒸し焼きに。
5. 蓋をとり、白ワインを加え半分の量になるまで煮る。
6. 生クリームとコーンスターチをよく混ぜ合わせておき、ブイヨンとともに5に加える。沸騰する直前で火力を弱め、弱火〜中火でとろみがつくまでじっくりと煮る。
7. とろみがついたら肉を戻して、さっと絡めてすぐにお皿に盛り付け。お好みでパセリを散らすとよい。

 

<ポイント>
生クリームを入れた後は、沸騰させないで弱火〜中火でコトコト煮込んでください。沸騰させてしまうとクリームが分離したり、風味が悪くなる原因になります。

 

 


コメントを投稿する