バーズラー・レッカリー・オ・ショコラ ( Basler Läckerli au Chocolat )

20190416_megumi_baslerlackerliauchocolat_001_cutスイスの郷土菓子からうまれたチョコレートスイーツ
 スイスといえばチョコレートを思い浮かべる方も多いかと思います。ピーナッツやウェハースなどチョコレートがコーティングされたお菓子はたくさんありますが、チョコレート店レッカリーフース(Läckerli Huus)の「バーズラー・レッカリー・オ・ショコラ(Basler Läckerli au chocolat)亅(7.80フラン)は、ちょっと変わったものがチョコレートでコーティングされています。

 その名も「バーズラー・レッカリー(Basler Läckerli)」というバーゼル(独: Basel / 仏: Bâle)の伝統的な郷土菓子で、レッカリーフースはその専門店として知られています。

 バーズラー・レッカリーは、小麦粉とはちみつをメインに、ナッツ類や各種スパイス、ドライフルーツなどをふんだんに入れて焼き上げるソフトタイプのクッキー。焼いた後にキルシュのアイシングがほどこされるため、クッキーといっても水分密度の高いもっちりとした歯触りをしているのが特徴です。

20190416_megumi_baslerlackerliauchocolat_003_cut 写真はブラックチョコレートを使った商品で、他にミルクチョコレートも。

美味しいレッカリー・オ・ショコラのいただき方
 初めて目にする外国のお菓子をいただく時は、あわせる飲み物や食べるのにちょうどいい温度などの目安がわからないもの。そこで、相性のよい飲み物や注意点をお伝えします。

 ミルクチョコレートの方は、「バーズラー・レッカリー」の甘さと相まって日本人の舌にはかなり甘く感じられるかもしれません。そのため、エスプレッソなど濃いめのコーヒーや紅茶のお供にぴったり。クッキー部分を少しふやかすため、コーヒーなどの暖かい飲み物に浸して食べるという方も多いようです。

 また、レッカリー・オ・ショコラを冷蔵庫で長時間冷やすと中の「バーズラー・レッカリー」がかなり硬くなっています。それもまた違った食感が楽しめて良いのですが、冷蔵庫から出したら少し時間をおいてから食べた方がチョコレートとバーズラー・レッカリーの甘さをより強く感じられます。

 「バーズラー・レッカリー・オ・ショコラ亅はレッカリーフース店舗のほか、スーパーマーケット等でも購入可能。パッケージが可愛らしくお値段も手ごろなので、ちょっとした手土産などにもおすすめ。

 スイスチョコレートと伝統菓子のコラボレーションを、ぜひ一度お試しください。

<お問い合わせ・購入先>
レッカリーフース ローザンヌ店
Läckerli Huus Lausanne
Rue de Bourg 28, 1003 Lausanne
+41 (0)61 264 22 17
info@laeckerli-huus.ch
https://www.laeckerli-huus.ch (仏・独・英)

** 購入した商品の価格は2019年3月時点のものです。販売時期や販売店によって異なる価格、または販売終了となっている場合もありますので、予めご了承ください。


コメントを投稿する