シチリアのアガタパン ( Agathabrot )

2017_2_5_agatha_Yasue_Mathis_1_cut

 2月5日は鐘職人、パンや乳癌・災害の守護聖人と言われている、聖アガタ (St. Agatha)の日です。日本では2月5日は「日本26聖人殉教者」を祝うため、6日に祝われています。

 聖アガタはシチリア島カタニア生まれのキリスト教の聖女。シチリアを支配していたローマ人権力者の意に従わず、神への信仰を捨てなかったため、拷問を受けた聖アガタの乳房を切り落としたとされています。そのため、聖アガタの聖人画は切り落とされた乳房を皿の上に乗せて持つ姿で描かれています。その乳房の形から鐘職人・パン職人の守護聖人とされてきましたが、近代に入ってからは乳患者の守護聖人と伝えられています。

 そのパン屋さんの守護聖人でもある聖アガタの日を祝って、スイスでは、2月の初めに聖アガタパン (Agathabrot)が販売されます。お味は編み込みパンのツォプフ (Zopf)と似たお味です。家族の健康や、家を火災から守るために聖アガタパンを玄関に飾る習慣などもあるようです。一度、聖アガタパンを試されてみてはいかがでしょうか。

<購入先>
Bäckerei-Konditorei & Café Vogel
営業日時: 月〜金 06:00~18:30/
土 06:00~17:00/ 日・祝日 06:00~17:00
Bahnhofstrasse 44, 6403 Küssnacht am Rigi
+41 (0) 41 850 10 42
http://www.bachmuehli.ch/unternehmen/verkaufsstellen/ (独)

<アクセス>
所要時間: ルツェルン (Luzern)駅から約28分
ルツェルン (Luzern)駅から電車S3ブルネン (Brunnen)行きでキュスナハトアムリギ(Küssnacht am Rigi)下車。徒歩約6分。

 

*パン屋さんにより販売日が異なる場合があります。また、スイス国内でもすべてのパン屋さんで販売されていない場合もあります。詳しくは直接お店にご確認されることをお勧めします。
*購入した商品の価格は2017年2月時点のものです。販売時期や販売店によって異なる価格、または販売終了となっている場合もありますので、予めご了承ください。
※スイス国内でもすべてのパン屋さんで販売されていない場合もあります。

 


コメントを投稿する