エぺス・ワイン祭り ( Epesses Wine Festival, Vaud ) 〜レポート〜

 ユネスコ世界遺産でも知られるラヴォー地区(Lavaux)、高級なワインを生産するブドウ畑地域にあるエぺス(Epesse)でワイン祭り(Epesses Wine Festival)が開催されます。

 この地域で生産される産地銘柄(AOC)はデザレ(Désaley)やサン・サフォラン(Saint-Saphorin)など7種に分かれており、シャスラ種を中心に多彩な葡萄を栽培し、伝統と品質にこだわったワイン作りをしています。

 普段は閑かでひっそりとした村も、毎年5月の第一土曜日(または4月最終土曜日)となるとワイン試飲会場が至る所に設けられ、会場全体が生産者達の笑顔と沢山の人で賑わいます。

 会場内ではワインの試飲以外にも、ヴォー州産の様々なチーズの試食、子供の遊び場、音楽パフォーマンス、観光車両やヘリコプター搭乗体験(有料)など沢山のイベントもあります。湖面に反射する太陽の光、葡萄畑を支える石垣やアルプスの山々を眺望できる事もこの祭りの魅力で、ワインが好きな人にはこの上ない贅沢感を味わえること間違いありません。

<開催日時>
毎年5月初旬(または4月最終土曜日)
*詳しくはサイト、またはイベントカレンダーでご確認ください。

<開催場所>
Route de la Corniche, Bourg-en-Lavaux

<費用>
80フラン(飲み放題)

<お問い合わせ>
ESPESSES
Festival Director GAILLARD
Jean-René Ch. du Mont 11, 1098 Epesses
+41 (0)21 946 19 65
http://epesses-nouveau.ch/

** 開館(開催)日時・展示内容等は主催者側の諸事情により予告なく変更や中止になる可能性があります。事前に確認されてからお出かけされることをお勧め致します。


コメントを投稿する