フォアアルペン・エクスプレスの新型車両トラヴェルソ ( Traverso, Luzern-St. Gallen )

_DSC0040_Opt_V1_cutルツェルンとザンクト・ガレンを結ぶ、観光に欠かせない列車
 フォアアルペン・エクスプレス(Voralpen Express)はスイス南東鉄道(Schweizerische Südostbahn AG)が毎時1本運行する特急列車。中央スイスの最大都市ルツェルン(Luzern)と東スイス地方の主要都市ザンクト・ガレン(St. Gallen)間125 kmを2時間15分かけて結びます。

 途中の主要駅近郊には観光の目玉となる場所が多くあるのが特徴。ザンクト・ガレン修道院(Stiftsbezirk St. Gallen)・ラッパースヴィル城(Schloss Rapperswil)・アインジーデルン修道院(Kloster Einsiedeln)・自然動物公園(Natur und Tier Park)・リギ山(Rigi)・スイス交通博物館(Verkehrshaus der Schweiz)・ピラトゥス山(Pilatus)などなど、その他にもたくさんの観光名所があります。

とってもキレイでおしゃれな新型車両が登場!
 さて、フォアアルペン地方の美しい山々と湖、そして長閑な風景が楽しめる絶景ルートを走るこちらの特急列車に、銅色ボディの新型車両「トラヴェルソ(Traverso)」が仲間入りしました。徐々に数を増やし、遅くても2019〜2020年のダイヤ改正が施行される前までに、完全に交代する予定だそうです。

Bistrocoach-2-(1)_cut 新型フォアアルペン・エクスプレスは8両編成で、160km/hで走行。新車両は電車とホームの間に段差がないので、車椅子・ベビーカーでも補助なしで乗ることが可能。軽量なアルミニウム合金製でできているため、エネルギー消費量を大幅に削減でき、環境負荷の少ない車両になっています。

1st-class-coach_cut 座席数は合計359席、そのうち68席が1等席。全席窓側の小型テーブルにはコンセントが設置され、全ての乗客が利用できます。

Familycoach-2-(2)_cutあれこれ工夫が施され、快適で便利な空間に
 車内の壁と天井はホワイトで、明るく広々とした開放的な車内空間が魅力的。観光を目的とした旅行者は座席の大きな窓から素晴らしい景色を楽しめますし、通勤者はゆったりとした座席でノートパソコンを広げて仕事ができるでしょう。また合計10台の自転車を壁に立てかけるフック、2席の車いす対応座席、そして全車両の入り口には車椅子やベビーカーでもそのまま乗車できるフリースペースが配置され、異なるユーザー・グループのニーズに合わせたデザインも特徴です。

 ファミリー車両にはルツェルンのイラストレーター、コンラート・ベック(Konrad Beck)氏による可愛らしい絵が描かれ、ワクワクする空間が広がります。子ども達がおもちゃを広げて遊べるように大きめのテーブルが用意されています。ベビーカーが置ける十分な広さのスペースもあるので安心です。

Bistrocoach-2-(2)_cut ビストロコーナーにはセルフ式コーヒーマシンと自動販売機が置かれ、数種類の温かい飲み物、水や炭酸飲料・ビール・ワインなどの冷たい飲み物、他にも甘いお菓子やチップスなどのちょっとしたおやつも購入ができるようでした。

 機会がありましたら是非「トラヴェルソ」を利用してみてはいかがでしょうか。

<お問い合わせ>
VORALPEN-EXPRESS
c/o Schweizerische Südostbahn AG
Bahnhofplatz 1a, 9001 St.Gallen
+41 (0)58 580 70 70
info@voralpen-express.ch
https://www.voralpen-express.ch (独・英)


コメントを投稿する