オルテンの街歩き ( Olten, Solothurn )

20190813_yasuemathis_olten_2_cut アーレ川(Aare)沿いにあるゾロトゥルン州のオルテン(Olten, Solothurn)は、チューリッヒ(Zürich)・ベルン(Bern)・バーゼル(Basel)から電車で約30分、ルツェルン(Luzern)から45分と、主要観光都市からのアクセスも便利な場所。旧市街はコンパクトで、気軽に立ち寄ることができるでしょう。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_1_cut1.アーレ川に掛かるアルテ・ブリュッケ(Alte Brücke)
既にローマ時代には、歩行者の往来に対応できるように砦があったと言われていますが、現在のような木造橋が初めて建設されたのは1295年。その後、火災・洪水・凍雨災害に見舞われ、何度も再建されました。現在の橋は1803年に造られたものです。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_2_cut2.チレンプ(Zielemp)
もとはフローブルク伯(Frohburg)が代官所として使用していたもの。1868年に一部が壊され、現在の1.5階建てへとリニューアル。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_3_cut3.オベリスク(Obelisk)
1905年に建てられた記念碑。オルテン出身で街にとって重要な存在である4人、スイス連邦閣僚を務めたジョセフ・ミュンツィンガー(Josef Munzinge)、スイス中央鉄道(Schweizerische Centralbahn)のディレクターを務めたヨハン・ヤコブ・トログ(Johann Jakob Trog)、画家のマルティン・ディステリ(Martin Disteli)、歴史家で初めて街の歴史を時系列順にまとめた著者でもあるペーター・イルデフォンス・フォン・アルクス(Pater Ildefons von Arx)の名が刻まれています。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_4_cut4.バーデアンシュタルト(Badeanstalt/Strandbad)
旧市街西端にある屋外プール。1930年代には雇用機会を創出するため、スイス国内で数多くの屋外プールが建設されましたが、こちらもそのひとつ。オルテンでは1936〜37年に今の場所に初めての公共プールが完成。その後、1988〜90年にリニューアル。現在も夏になると賑わいを見せます。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_5_cut5.カプラナイプラッツ(Ehemalige Kaplanei/Kaplaneiplatz)
もとは個人所有の庭でしたが、1876年以降は公共の広場として使われています。広場近くには1520年に建てられた建物(Kaplanei Sancti Elogi)があり、1606〜1815年の間は初めての街の学校として使用されていたとのこと。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_6_cut6.市塔(Stadtturm)
高さ42メートルの市塔は、1521年に以前の市教会の鐘塔として建設。1844年に市教会は老朽化で取り壊されましたが、塔は鐘楼として使用する為に残され、1928年・1975年・2006年に修復されました。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_7_cut7.レストラン・ラスケラー(Rathskeller)
1673年に建設されてから宿泊施設として使われていました。1896年以降はレストランとして営業、120年以上が経った今でも愛され続けています。壁の美しいフレスコ画は、1906年に建物が再建された際に描かれたものです。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_8_cut8.カプチン修道院と教会(Kapuzinerkloster/Klosterkirche)
1649に設立されたカプチン修道院。現在の修道院と教会は1975〜76年に修復されています。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_9_cut9.キルヒガッセの朝市(Kirchgasse)
毎週木曜の7時から11時30分まで旧市街キルヒガッセで開かれる朝市。焼きたてパン・新鮮な野菜・花・焼き菓子・加工肉・チーズなどを目当てに訪れる地元の方も多く、賑わいをみせます。マーケットの時間帯は自転車での立ち入りも禁止なので、安全にゆっくり楽しるでしょう。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_10_cut10.市教会(Stadtkirche)
1813年に建設された市教会。2016〜18年にかけて修復され、内装は白を基調としていて明るく柔らかい雰囲気があります。

20190814_yasuemathis_oltenwalking_11_cut11.聖マーティン教会(St. Martinskirche)
1875〜76年に建設された、ゴシックリバイバル建築の聖マーティン・ローマカトリック教会。二つの尖塔が特徴的。

 旧市街には他にも歴史ある建物が残ります。駅前、アーレ川にかかるバーンホフ橋(Bahnhofbrücke)を渡るとすぐにオルテン観光案内所があるので、街散策や近郊観光について聞きたいことがあれば足を運んでみてもいいでしょう。営業時間等の詳細は公式サイトをご確認ください。

<現地の観光案内所>
Region Olten Tourismus
Frohburgstrasse 1, 4601 Olten
+41 (0)62 213 16 16
info@oltentourismus.ch
www.oltentourismus.ch (多言語対応)

<アクセス>
所要時間:チューリッヒ中央駅(Zürich HB)から電車で35分
チューリッヒ中央駅からベルン(Bern)方面行きもしくはジュネーブ空港行き(Genève-Aéroport)の電車に乗車しオルテン駅(Olten)下車


コメントを投稿する