グリュイエール近郊でマス釣り体験 ( Pisciculture de la Gruyère )

20190511_Yumi_FishingGruyere.1_cut 観光地として人気のあるグリュイエール(Gruyère)には、その近郊に、気軽にマス釣り体験ができる釣り堀があります。

春と夏は手ぶらでマス釣り体験ができます
 グリュイエール近郊にあるネーリヴュー(Neirivue)の釣り堀では、最高でも6〜9度という冷たい恵まれた流水によって、年間平均100トンのマスが飼育され販売店に出荷されています。

 魚を販売するお店は冬の間も営業しているのですが、釣り体験ができる期間は春から秋まで。公式ウェブサイト上では2019年は5/1〜9/30がオープン予定との案内がありました。翌年以降は念の為公式サイトで開業日を確認してからお出かけすると安心です。

 こちらで釣りに必要な餌・バケツ・竿などの釣り道具一式は全て貸していただけるので、マス釣り体験をしたい方は手ぶらでもOK。釣ったその場で料理してバーベーキューをしたり、家族や友達と一日楽しんでいる家族連れもよく見かけます。

釣った魚の持ち帰り方は2種類
 釣った魚は、持ち帰り用に内臓を取り除いてもらうことが可能です。値段は、洗って内臓を取ってもらったものが1キロ22フラン、処理を施してないものが1キロ20フラン(*2019年現在)。目安として、写真にあるような中型くらいのサイズのマスで6〜7フランでした。

 ちなみに魚が釣れるのはとても楽しいのですが、釣りすぎると、釣った分だけ持ち帰り料金を支払わないといけないのでそれだけは注意しましょう。

20190511_Yumi_FishingGruyere.2_cut グリュイエール近郊は自然が豊かな環境で、比較的低い山や河川沿いのハイキングもとても盛んです。周りの景色を楽しみながら、ゆったりした時間を過ごすマス釣りを体験してみるのもよいですよ。

 ちなみに近辺のレストランでは、マス料理がいただけるところもあり、香ばしいアーモンドを乗せたマス料理が人気だそう。

<お問い合わせ>
Pisciculture de la Gruyère
+41 (0)26 928 1810
Chemin de la Pisciculture 7, 1669 Neirivue
https://www.pisciculture-gruyere.ch (独・仏)

<営業時間> 
月〜金:7:30〜12:00 / 13:00〜17:30
土:7:30〜12:00 / 13:00〜17:00
日:9:30〜17:30(休憩なし)

<アクセス>
グリュイエール駅(Gruyère)から約25分。
グリューエール駅から電車S50にてモンボボン(Montbovon)方面に乗り、ネーリヴュー(Neirivue)下車、徒歩13分


コメントを投稿する