味の祭典 ( Goûts et Terroirs, Fribourg ) 〜レポート〜

 毎年恒例の「グー・エ・テロワ(Goûts et Terroirs)」、2018年度もフリブール地方(Fribourg)のビュル(Bulle)にあるエスパス・グリュイエール(Espace Gruyère)にて11月4日まで開催していました。スイス各地から選ばれた選りすぐりの州の名産品が一堂に集結。その「グー・エ・テロワ」こと「スイスの味の祭典」の様子をご報告します。

疲れずにまわれる、ちょうどいいスケール感のエキスポ
 スイスではエキスポのような商品展示会が各所でよく行われ、電化製品をはじめ家具や日用品、また、各州の名産品が販売されることがよくあります。そのような展示会は充実した内容であるのは確かですが、非常に多くの種類のものが販売されているため、人によっては会場を巡るだけで疲れてしまうこともしばしば。しかし、今回のイベントに関しては「郷土の名産品」に焦点が当てられているので、参加者としては非常に会場をまわりやすくなっています。また州ごとにブースがわかりやすく分かれていることから、お目当ての州の名産品が事前に決まっているのであれば簡単にその品を探せるでしょう。

 各お店には試食・試飲品が置かれており、見たことのない名産品でも自分で味を確かめてからの購入ができます。

お気に入りのスイスワインを探してみよう
 隠れたワイン名産国であるスイスですが、州によってワインの味も違うはず。州ごとのワインを試飲できるのもグー・エ・テロワの魅力のひとつです。また、会場パンフレットにはお店の名前と会場内の位置が明記されています。試食をしてみて、美味しかったお店のところにチェックマークを入れておき最後に買いに来たり、お住まいの近くにあるお店だった場合はイベント閉幕後にプライベートで購入しに行く、というようなことも可能。

見て・体験して楽しむイベントも盛りだくさん
 こちらのイベントは催し物にも力が入っています。まず、有名な催し物として「スイス・ベーカリートロフィー(Swiss Bakery Trophy)」というスイス国内の1番を決めるパンのコンテストがあり、実際に審査員がパンを審査している様子を間近で見ることができます。その隣では、料理番組に見劣りしないスタジオセットで料理人を招いた料理のデモンストレーションも。参加者も興味津々でその様子を見つめていました。

 その他にも、お子様に大好評の料理教室や実際に体験を通して「食」や「味」を学べる工夫を凝らしたコーナーも。

会場内のサービスも整っています
 グー・エ・テロワでは現金支払での購入がメインになりますが、会場外すぐにATMコーナーがあり、安心してお買い物ができます。また、会場内にはコート等の預り所や救護ブースも。非常に参加者フレンドリーなイベントに感じました。また、お食事処やバーも多く設置してあるので、そちらで買い物後にひと休みもできます。

 スイス各地の特産品を一度に味わえるこのイベント。今まで知らなかった特産品にも出会えるチャンスかもしれません。ご家族で一緒に、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

<2018年度 開催日時>
10/31(水)~11/4(日)

<開催場所>
エスパス・グリュイエール(Espace Gruyère)
Rue de Vevey 136-144, 1630 Bule 1

<費用>
大人15フラン、子ども6フラン

<主催・お問い合わせ>
Fédération Patronale et Economique (FPE)
Rue de la Condémine 56, 1630 Bulle 2
+41 (0)26 919 87 57
salon@gouts-et-terroirs.ch
http://www.gouts-et-terroirs.ch/ (仏)

<アクセス>
所要時間: フリブール駅(Fribourg)より約50分
フリブール駅よりバス234番ビュル駅行き(Bull, gare)でビュル・モントカリア(Montcalia)下車、徒歩約8分

** 当サイトは情報提供を目的としており、日程の変更および中止などに対し、弊社は一切責任を負いませんので予めご了承願います。


コメントを投稿する