スイス・インドアのオープニングセレモニー ( Super Monday Swiss Indoors, Basel ) 〜レポート〜

 毎年10月にスイスのバーゼル(Basel)で開催される男子プロテニスツアーのATPツアートーナメント大会「スイス・インドア(Swiss Indoors Basel)」が今年も開幕しました。

 本戦初日の10/22(月)は「スーパーマンデー(Super Monday)」と呼ばれ、10年前から始まったテニスと音楽の融合をテーマにしたオープニングアクトが行われています。

 軍楽隊の祭典「バーゼル・タトゥー(Basel Tattoo)」のプロデューサーを務めるエリク・ユリアート(Erik Julliard)氏が演出を手掛けたショーの今年のテーマは「スウェーデンの輪(Ein schwedischer Kreis)」。1977年に本大会で優勝したスウェーデン出身のビョルン・ボルグ(Björn Borg)選手を称え、さらに同年全世界で4億枚という巨大なレコードセールスを達成したスウェーデンの伝説的ポップグループ「ABBA」の世界観を組み込んだというパフォーマンスが、スイス最大級の室内テニス会場で披露されました。

 今回は、約1時間15分に及んだオープニングアクトの見どころをご紹介します。

<みどころレポート >

1. バーゼル交響楽団による迫力の生演奏
 本大会開催地のバーゼルを拠点としているオーケストラのバーゼル交響楽団によって、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ曲が演奏され、オープニングアクト前に観客を盛り上げてくれました。
2. 鳥肌必至!世界最高と称えられるスイス発マーチングバンド
 オープニングアクトのトップバッターを飾ったのは、世界中で絶賛されているスイス発のマーチングバンド「トップ・シークレット・ドラムコープス(Top Secret Drum Corps)」。一糸乱れぬ動きは華麗で鳥肌が立つほど感動し、会場からも大きな拍手が湧いていました。
3. 国旗掲揚
 大会出場選手の名前が読み上げられ、国旗掲揚が行われます。日本からはダニエル太郎選手が予選を勝ち抜き、見事本戦出場を勝ち取りました。
4. ABBA GOLD登場!
 大人気のABBA GOLDによるコンサートショー。世界的に知られるスウェーデンの音楽バンドABBAの全盛期のコンサートを再現。衣装やダンス、舞台照明による演出など細部に至るまでそっくりで、まるで「本物の」ABBAが会場で歌っているような錯覚を起こすほど。
5. ABBA GOLDが地元の交響楽団、合唱団とコラボ!
 バーゼル交響楽団やバーゼル少年少女合唱団とABBA GOLDの見事なコラボレーション。「マンマ・ミーア!」「ダンシング・クイーン」「ギミー!ギミー!ギミー!」などの大ヒット曲が披露され、会場は熱狂の渦の中に巻き込まれました。

<2018年度 開催日時>
10/20…12:00〜20:00
10/21…12:00〜18:00
10/22…14:00〜22:30
10/23〜26…13:00〜22:30
10/27…12:00〜19:00
10/28…12:00〜17:00

<開催場所>
St.Jakobshalle Basel
Brüglingerstrasse 19–21, 4052 Basel

<費用・入場料>
日程や席により異なります。詳しくは下記のサイトをご参照下さい

<お問い合わせ・主催>
Swiss Indoors AG
Bettenstrasse 73, 4123 Allschwil
+41 (0)61 485 95 95
info@swissindoors.ch
http://www.swissindoorsbasel.ch/ (独・仏・英)

<アクセス>
所要時間: バーゼル駅(Basel SBB)から約10分
バーゼル駅から電車S3ポラントリュイ(Porrentruy)行きでバーゼル・ドライシュピッツ(Basel Dreispitz)下車、バス47番ムッテンツ(Muttenz Bahnhof)行きでサンヤコブ(St.Jakob)下車、徒歩約1分

<動画もあわせてどうぞ!>

<関連記事>
R.フェデラー選手、準々決勝へ進出!〜スイス・インドア2018・レポート〜
【特集記事】フェデラー、故郷バーゼルで9度目の栄光 ~スイス・インドア2018を振り返って


コメントを投稿する