秋のエンゲルベルク ( Engelberg, Obwalden )

20170927_yumiko_engelberg_003_cut

 秋もいよいよ深まり、スイスの各地で紅葉が始まっていますね。また、秋祭りや「牧くだり」、栗祭りなど、この時期ならではのイベントもたくさんあり、「スイスの秋」を楽しみにしている方も多いでしょう。

 中央スイスの代表的な山岳リゾート地でも知られる、エンゲルベルク(Engelberg)は、標高3238mの名峰ティトリス山(Titlis)の麓にあり、ドイツ語で「天使の山」の意味を持つ村。夏はハイキング、秋には写真のような山々が秋色に染まり、美しい風景が広がることから、世界各国から観光客が訪れる人気観光地でもあります。

 12世紀に建立されたエンゲルベルク修道院(Kloster Engelberg)や、修道院敷地内のチーズセンター(Schaukäserei Kloster Engelberg)も有名。また、エンゲルベルクは中央スイスで最大級のスキーリゾート地でもあるので、冬の時期はスキー板やスノーボード板を持つ方も多く見られます。秋のエンゲルベルクに足を運んでみてはいかがですか?

<お問い合わせ>
エンゲルベルク・ティトリス山観光局
Engelberg-Titlis Tourismus AG
Klosterstrasse 3, Postfach 149, 6391 Engelberg
website: http://engelberg.ch/ (独・英・印)

<アクセス>
ルツェルン駅からエンゲルベルク駅まで約45分。
*ゴンドラ(Bergbahn)についてはこちらをどうぞ。

** 靴底のしっかりしたトレッキング・ハイキングブーツをおすすめします。
** 標高によってはかなり寒く感じられることが多いので、なるべく重ね着をししっかり防寒対策をしましょう。


コメントを投稿する